固定資産税とは

更新日 2019年07月08日

1.固定資産税とは

固定資産税は、毎年1月1日(「賦課期日」といいます。)に、土地、家屋、償却資産(これらを総称して「固定資産」といいます。)を所有している人がその固定資産の価格をもとに算定された税額をその固定資産の所在する市町村に納める税金です。

 

2.納税義務者

固定資産税を納める人(納税義務者)は、原則として固定資産の所有者です。具体的には、次のとおりです。

  • 土地土地登記簿または土地補充課税台帳に所有者として登記または登録されている人
  • 家屋家屋登記簿または家屋補充課税台帳に所有者として登記または登録されている人
  • 償却資産償却資産課税台帳に所有者として登録されている人

ただし、所有者として登記(登録)されている人が賦課期日前に死亡している場合等には、賦課期日現在で、その土地、家屋を現に所有している人が納税義務者となります。

 

固定資産税の納税義務者は、納税通知書に記載の義務者番号(8桁)を一納税義務者としてとらえます。この義務者番号は、共有物件の場合、Aさんと Bさんが2分の1ずつ持っているときと、AさんとBさんが3分の2、3分の1ずつ持っている場合では、異なった番号がつけられます。

 

3.相続人代表者

固定資産税は賦課期日現在の所有者に課税されますが、その所有者が死亡した場合に、そのままにしておきますと、翌年度の課税の際、死亡した所有者に対して課税することとなってしまいます。

また、死亡した方の所有資産は、相続が済むまでは、相続人全員の共有状態におかれます。そのため、納税通知書等を受領する相続人の代表者を指定する「相続人代表者指定届」を提出していただくことになります。

ただし、相続人代表者になったからといって、納税上の全負担を負うとか、1人で土地・家屋を相続したということにはなりませんのでご注意ください。

 

 「相続人代表者指定届」 

PDF(97KB; PDFファイル)

Excel(16KB; MS-Excelファイル)

 

4.納税管理人

「家族で海外赴任が決まった」「高齢の父が、税金の管理を頼むと言ってきた」など、諸般の事情により設定していただくのが、納税管理人です。

納税管理人の設定につきましては、現在納税義務者となっている方と新たに納税管理人となられる方の合意の下「納税管理人申告書」を提出していただくことになります。

 

 「納税管理人申告書」

PDF(74KB; PDFファイル)

Excel(14KB; MS-Excelファイル)

 

 

このページの作成担当・お問い合わせ先

税務課固定資産税係 電話 0944-77-8456

お問い合わせフォーム

アクセシビリティ | 個人情報の取り扱いについて | 免責事項 | このサイトについて | リンク集 | ご意見・お問合せ | サイトマップ | 携帯サイト

ページの先頭へ

柳川市役所
柳川庁舎 〒832-8601 福岡県柳川市本町87番地1
 TEL:0944-73-8111 FAX:0944-74-1374
大和庁舎 〒839-0293 福岡県柳川市大和町鷹ノ尾120番地
 TEL:0944-76-1111FAX:0944-76-1170
三橋庁舎 〒832-8555 福岡県柳川市三橋町正行431番地
 TEL:0944-72-7111 FAX:0944-73-8405
柳川市法人番号 6000020402079

開庁時間 8時30分~17時(土日、祝日、12月29日~翌年1月3日を除く)
柳川庁舎の一部窓口業務を、第2木曜日は19時まで延長し、第4日曜日は8時30分から正午まで開庁します

窓口延長・開庁時の主な取り扱い業務
※開庁時間の各庁舎の代表電話は、柳川庁舎電話交換手が取り次ぎます
各課への直通番号 市役所への行き方
各ページの内容に関するお問合せは、ページごとに記載している問合せ先までご連絡ください。

Copyright © 2014 Yanagawa City All Rights Reserved.