yng-info_pt3.gif文字サイズ  文字サイズ小 yng-font_m.gif yng-font_l.gif

 背景色 白 黒 青
yng-header.png
ホーム
魅力・観光
くらし
健康・福祉・子育て
教育・文化
産業・仕事
防災・防犯
市制情報
総合トップ > 産業・仕事トップ > 農業 > 既に実質化されていると判断できる既存の人・農地プランの区域と新たに実質化された区域の人・農地プランの公表について
 
 
GetAdobeReaderPDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

既に実質化されていると判断できる既存の人・農地プランの区域と新たに実質化された区域の人・農地プランの公表について

柳川市では、人・農地プランの実質化に取り組んでいますが、既存の人・農地プランにおいて、既に実質化されているプランと判断できる区域と新たに実質化された区域の人・農地プランについて次のとおり公表します。

 

人・農地プランとは

人・農地プランとは、農業者が話し合いに基づき、高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加など地域が抱える課題を明確にし、今後の農業の在り方を決める計画です。
次の1から3までの地域の話合いのプロセスを一つ一つステップを踏んで作成された人・農地プランが「実質化された人・農地プラン」となります。

 

人・農地プランの実質化までの流れ

1.アンケートの実施

地域内の農業者にアンケートを実施し、概ね10年後を見据えた地域の農業の状況・意向等を確認します。

2.地図化による地域の現況把握

アンケートの結果をもとに「農業者の年齢別構成」「後継者の有無」を地図に落とし込み、地域の状況を把握します。

3.地域における話し合い

 作成した地図などをもとに、地域の話し合いにより、5年から10年後に農地を担う中心経営体に関する方針を定めます

4.既に実質化されていると判断できる既存の人・農地プランの区域とは

既存のプランにおいて、下記の要件を満たしていれば、1~3を実施しなくても、既に実質化されていると判断します。

(1) 区域内の中心経営体の経営する面積と近い将来の農地の出し手からの貸付予定面積の合計が区域内の耕地面積の過半であること

(2) 近い将来の農地の出し手と受け手が特定されている地域


(添付資料) 

現在の人・農地プランの区域の全部又は一部の区域であって既に実質化していると判断する地区(14KB; MS-Excelファイル)(91KB; PDFファイル)

 

実質化された人農地プラン(柳川市蒲池地区)(43KB; MS-Excelファイル)(148KB; PDFファイル)

 

このページの作成担当・お問い合わせ先

農政課農政係 電話 0944-77-8732

お問い合わせフォーム

アクセシビリティ | 個人情報の取り扱いについて | 免責事項 | このサイトについて | リンク集 | ご意見・お問合せ | サイトマップ | 携帯サイト

ページの先頭へ

柳川市役所
柳川庁舎 〒832-8601 福岡県柳川市本町87番地1
 TEL:0944-73-8111 FAX:0944-74-1374
大和庁舎 〒839-0293 福岡県柳川市大和町鷹ノ尾120番地
 TEL:0944-76-1111FAX:0944-76-1170
三橋庁舎 〒832-8555 福岡県柳川市三橋町正行431番地
 TEL:0944-72-7111 FAX:0944-73-8405
柳川市法人番号 6000020402079

開庁時間 8時30分~17時(土日、祝日、12月29日~翌年1月3日を除く)
柳川庁舎の一部窓口業務を、第2木曜日は19時まで延長し、第4日曜日は8時30分から正午まで開庁します

窓口延長・開庁時の主な取り扱い業務
※開庁時間の各庁舎の代表電話は、柳川庁舎電話交換手が取り次ぎます
各課への直通番号 市役所への行き方
各ページの内容に関するお問合せは、ページごとに記載している問合せ先までご連絡ください。

Copyright © 2014 Yanagawa City All Rights Reserved.