○柳川市水道事業滞納整理業務の委託に関する規程

平成17年3月21日

水道事業管理規程第18号

(趣旨)

第1条 この規程は、柳川市水道事業における滞納整理業務(以下「業務」という。)の委託に関し必要な事項を定めるものとする。

(受託者の資格要件)

第3条 業務の資格を受ける者(以下「受託者」という。)は、次に掲げる資格要件を備えなければならない。

(2) 18歳以上の者で心身が健全であり、かつ、身元が明らかであること。

(3) その他水道事業管理者の権限を行う市長(以下「管理者」という。)が必要と認める要件を備えること。

(申請手続)

第4条 受託者になろうとする者は、次に掲げる書類を管理者に提出しなければならない。

(1) 申請書(別記様式)

(2) 履歴書

(3) 住民票抄本

(4) その他管理者が必要と認めるもの

(契約の締結)

第5条 管理者は、受託者として認定したときは、別に定める契約書により契約を締結しなければならない。

(委託の期間)

第6条 委託の期間は、契約の日から1年とする。ただし、年度中途において委託を行う場合は、その年度の末日までとする。

2 委託の期間は、これを更新することができる。

3 受託者が契約の期間を更新しようとするときは、期間満了の日前60日までに管理者に申し出なければならない。

(委託業務の範囲)

第7条 管理者が受託者に委託する業務の範囲は、次のとおりとする。

(1) 督促状及び催告状の事務整理

(2) 停水予告及び停水の事務整理

(3) 日計表、月計表及び過誤納処理(還付及び充当)

(4) 水道メーター替えの事務整理

(5) その他滞納整理に関するもので管理者が必要と認める事項

(受託者の届出義務)

第8条 受託者は、次の各号のいずれかに該当する場合は、遅滞なく管理者に届け出なければならない。

(1) 市から貸与された備品を亡失したとき。

(2) 第4条の申請書類の記載事項に変更が生じたとき。

(秘密保持の義務)

第9条 受託者は又は受託者であった者は、業務によって知り得た秘密を漏らしてはならない。

(契約の解除)

第10条 管理者は、受託者が受託契約書に定める事項に違反したときは、契約期間中であっても直ちに契約を解除することができる。

(引継ぎ)

第11条 受託者は、契約期間が満了したとき、又は契約が解除されたときは、業務を整理し、翌日までに管理者に引き継がなければならない。

(損害賠償の義務)

第12条 受託者が故意又は過失により水道事業に損害を与えたときは、その損害を賠償しなければならない。

(その他)

第13条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、管理者が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規程は、平成17年3月21日から施行する。

(経過措置)

2 この規程の施行の日の前日までに、合併前の柳川市水道事業滞納整理業務の委託に関する規程(平成14年柳川市規程第1号)の規定によりなされた手続その他の行為は、この規程の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

柳川市水道事業滞納整理業務の委託に関する規程

平成17年3月21日 水道事業管理規程第18号

(平成17年3月21日施行)