○柳川市雲龍の郷条例

平成17年3月21日

条例第96号

(設置)

第1条 スポーツ、野外活動及びレクリエーションを通じて、地域住民の健康と連帯意識の高揚及び福祉の増進を図るため、柳川市雲龍の郷(以下「雲龍の郷」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 雲龍の郷の名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 柳川市雲龍の郷

(2) 位置 柳川市大和町鷹ノ尾151番地2

(利用の許可)

第3条 雲龍の郷を利用するものは、あらかじめ柳川市教育委員会(以下「教育委員会」という。)の許可を受けなければならない。許可された事項を変更しようとするときも、同様とする。

2 教育委員会は、雲龍の郷の利用を許可するときは、管理運営上必要な条件を付することができる。

(利用の不許可)

第4条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当する場合は、雲龍の郷の利用を許可しない。

(1) 公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがあると認めるとき。

(2) 施設、附属設備等を損傷し、又は滅失するおそれがあると認めるとき。

(3) その他管理運営上支障があると認めるとき。

(使用料)

第5条 第3条の規定により利用の許可を受けた者(以下「利用者」という。)は、別表に定める使用料を納めなければならない。

2 前項の使用料は、前納とする。ただし、教育委員会において、特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(使用料の減免)

第6条 教育委員会が特に必要と認めるときは、使用料を減額し、又は免除することができる。

(使用料の不還付)

第7条 既納の使用料は、原則として還付しない。ただし、教育委員会において、特別の理由があると認めるときは、その全部又は一部を還付することができる。

(目的外利用、権利譲渡等の禁止)

第8条 利用者は、許可された目的以外の目的に利用し、又は利用する権利を他に譲渡し、若しくは転貸してはならない。

(設備の制限)

第9条 利用者は、雲龍の郷に特別の設備をしようとするときは、あらかじめ教育委員会の許可を受けなければならない。

2 教育委員会は、管理上必要があると認めるときは、利用者の負担において必要な設備をさせ、又は必要な措置を講じさせることができる。

(利用許可の取消し等)

第10条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当する場合は、利用の許可を取り消し、又は利用を制限し、若しくは中止させることができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(2) 第4条各号のいずれかに該当する事由が発生したとき。

(3) 利用の申請に偽りがあったとき。

(4) 利用の許可の目的又は利用の条件に違反したとき。

(5) その他管理運営上必要な指示に従わないとき。

2 前項の規定に基づく措置により利用者が損害を受けても、教育委員会はその責めを負わない。

(原状回復の義務)

第11条 利用者は、雲龍の郷の利用を終了したとき、又は利用の中止を命ぜられたとき、若しくは利用の許可を取り消されたときは、直ちに原状に回復して返還しなければならない。

(損害賠償の義務)

第12条 利用者は、雲龍の郷の施設、附属設備等を損傷し、又は滅失した場合において、前条の規定に基づく原状回復ができないときは、教育委員会の認定に基づきその損害を賠償しなければならない。ただし、教育委員会が特に理由があると認めるときは、この限りでない。

(委任)

第13条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年3月21日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の大和町雲龍の郷の設置及び管理に関する条例(平成5年大和町条例第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成25年12月11日条例第34号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の使用料は、この条例の施行日以後に雲龍の郷を利用する場合について適用し、同日前の利用については、なお従前の例による。

別表(第5条関係)

区分

使用料

多目的施設

(ドーム)

その他

競技会、音楽会、集会及び各種行事その他これらに類する催し

1日につき

5,400円

展示即売会及び興行

1日につき

54,000円及び売上額の2パーセント

行商その他これらに類する行為

1平方メートル

150円

10円未満の端数が生じたときは、その端数金額を切り捨てるものとする。

柳川市雲龍の郷条例

平成17年3月21日 条例第96号

(平成26年4月1日施行)