○柳川市社会教育集会所条例施行規則

平成17年3月21日

教育委員会規則第33号

(趣旨)

第1条 この規則は、柳川市社会教育集会所条例(平成17年柳川市条例第88号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(開所時間)

第2条 柳川市社会教育集会所(以下「集会所」という。)の開所時間は、午前9時から午後10時までとする。ただし、柳川市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が必要と認めるときは、これを変更することができる。

(休所日)

第3条 集会所の休所日は、次のとおりとする。

(1) 日曜日及び土曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 1月2日及び同月3日並びに12月29日から同月31日まで

(4) 前3号の規定にかかわらず、教育委員会が必要と認めるときは、これを変更し、又は臨時に休所日を設けることができる。

(利用の申請等)

第4条 集会所を利用しようとする者は、利用しようとする日の3日前までに教育委員会において、社会教育集会所利用申請書(様式第1号)に必要事項を記入して利用申請を行い、社会教育集会所利用許可書(様式第2号)の交付を受けなければならない。

(利用者の遵守事項)

第5条 集会所の利用者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 他の利用者に迷惑を及ぼさないこと。

(2) 危険物を持ち込まないこと。

(3) 許可なく火気を使用しないこと。

(4) 施設及び設備等の利用を終了したときは、これを原状に回復し、又は所定の場所に返還すること。

(運営審議会)

第6条 柳川市社会教育集会所運営審議会(以下「審議会」という。)の委員の定数は、9人以内とし、次に掲げる者のうちから教育委員会が委嘱し、又は任命する。

(1) 関係区代表者

(2) 関係団体の代表者

(3) 関係市職員

(4) 学識経験のある者

2 前項の委員の任期は、2年とし、再任することができる。ただし、補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(会長及び副会長)

第7条 審議会に会長及び副会長各1人を置く。

2 会長及び副会長は、委員の互選によりこれを定める。

3 会長は、審議会の会議を主催し、審議会を代表する。

4 副会長は、会長を補佐し、会長事故があるとき、又は会長が欠けたときは、その職務を代理する。

(会議)

第8条 審議会は、会長が招集する。ただし、委員の3分の1以上の要請があったときは、臨時に開催しなければならない。

2 審議会は、委員の2分の1以上が出席しなければ会議を開くことができない。

3 会長は、審議会の議長となり、議事を司会する。

4 会議の議事は、出席者の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

5 審議会は、必要に応じ委員以外の者の出席を求めて意見を聴くことができる。

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年3月21日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の三橋町社会教育集会所の管理運営に関する規則(平成4年三橋町教育委員会規則第8号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年11月26日教委規則第20号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

柳川市社会教育集会所条例施行規則

平成17年3月21日 教育委員会規則第33号

(平成19年11月26日施行)