○柳川市ふれあい自然の家条例施行規則

平成17年3月21日

教育委員会規則第32号

(趣旨)

第1条 この規則は、柳川市ふれあい自然の家条例(平成17年柳川市条例第87号。以下「条例」という。)第10条の規定に基づき、柳川市ふれあい自然の家(以下「自然の家」という。)の管理及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(利用の手続)

第2条 条例第4条の規定により、利用の許可を受けようとする者は、ふれあい自然の家利用(変更)許可申請書(別記様式)を提出しなければならない。

(許可事項の変更等)

第3条 利用の許可を受けた者が、許可に係る事項を変更しようとするときは、改めて許可を受けなければならない。

(利用条件の変更)

第4条 管理上必要があるときは、許可の条件を変更することができる。

(立入りの制限)

第5条 柳川市教育委員会(以下「教育委員会」という。)は、次の各号のいずれかに該当する者に対して立入りを拒否し、又は撤去を命ずることができる。

(1) 自然の家の施設又は設備を破損し、又は滅失するおそれのある者

(2) 管理上の指示に従わない者

(利用後の点検)

第6条 利用者は、ふれあい自然の家の利用を終了したとき、又は利用の中止を命ぜられたとき、若しくは利用の許可を取り消されたときは、速やかに清掃し、施設の用具等を収納し原状に回復して、教育委員会に報告し、点検を受けなければならない。

(その他)

第7条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年3月21日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の大和町ふれあい自然の家設置条例施行規則(平成7年大和町教育委員会規則第5号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成29年2月20日教委規則第3号)

(施行期日)

1 この規則は、平成29年4月1日から施行する。

画像

柳川市ふれあい自然の家条例施行規則

平成17年3月21日 教育委員会規則第32号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成17年3月21日 教育委員会規則第32号
平成29年2月20日 教育委員会規則第3号