○柳川市職員の管理職員特別勤務手当に関する規則

平成17年3月21日

規則第41号

(趣旨)

第1条 この規則は、柳川市職員の給与に関する条例(平成17年柳川市条例第48号。以下「条例」という。)第16条の2の規定に基づく管理職員特別勤務手当(以下「手当」という。)の支給に関し必要な事項を定めるものとする。

(手当の支給額)

第2条 条例第16条の2第3項第1号に規定する手当の額は、柳川市職員の管理職手当に関する規則(平成17年柳川市規則第40号。以下「管理職手当規則」という。)第2条に規定する支給額が、66,400円の職員にあっては8,500円、51,900円の職員にあっては7,000円とする。

2 条例第16条の2第3項第1号で定める勤務は、勤務に従事した時間が6時間を超える場合の勤務とする。

3 条例第16条の2第3項第2号に規定する手当の額は、管理職手当規則第2条に規定する支給額が、66,400円の職員にあっては4,300円、51,900円の職員にあっては3,500円とする。

(勤務実績簿)

第3条 管理職特別勤務に従事した管理職の職員は、管理職員特別勤務実績簿兼報告書(別記様式。以下「実績簿兼報告書」という。)を作成し、翌月速やかに総務部長に報告しなければならない。

(手当の支給方法)

第4条 管理職員特別勤務手当は、その月の分を翌月の給料支給日に支給する。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年3月21日から施行する。

(経過措置)

2 平成17年3月21日(以下「新市設置の日」という。)の前日までの合併関係市町等(合併前の柳川市、大和町若しくは三橋町又は解散前の柳川市、三橋町、大和町消防厚生事業組合をいう。以下同じ。)の職員であった者で引き続き本市に採用された職員の新市設置の日前においてこの規則の規定に相当する合併関係市町等の規定によりなされた承認、決定その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成23年12月22日規則第29号)

(施行期日)

1 この規則は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月29日規則第4号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

画像

柳川市職員の管理職員特別勤務手当に関する規則

平成17年3月21日 規則第41号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第5編 与/第3章
沿革情報
平成17年3月21日 規則第41号
平成23年12月22日 規則第29号
平成28年3月29日 規則第4号