○柳川市まちづくり出前講座実施要綱

平成17年3月21日

訓令第2号

(目的)

第1条 この訓令は、市民等の団体、グループ等が主催する学習会等に市職員が講師として出向き、市政の説明、専門知識を活かした実習等(以下「出前講座」という。)を行うことにより、市民の市政に関する理解を深め、意識啓発を図るとともに、市職員の能力開発と意識改革を図ることを目的とする。

(対象)

第2条 出前講座を受講することができるものは、原則として市内に居住、在勤又は在学をする10人以上の者で構成された団体、グループ等とする。

(内容)

第3条 出前講座の内容は、原則として別に定める講座メニューから選択することとする。

(開催日時及び場所)

第4条 出前講座の開催日時は、原則として土曜日及び日曜日並びに国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日を除く午前9時から午後9時までのうち2時間以内とし、開催場所は市内に限るものとする。

(申込み等)

第5条 出前講座を受講しようとする団体、グループ等の代表者(以下「申込者」という。)は、当該団体が主催する学習会等を開催しようとする日の2週間前までに、まちづくり出前講座受講申込書(様式第1号)を総務部人事秘書課に提出するものとする。

2 出前講座の受講に当たっては、申込者が主催者となり、会場の手配、準備、参加者への周知等を行うものとする。

(決定)

第6条 前条の申込みがあったときは、内容、日時等について当該担当課と調整の上、受講の可否を決定し、まちづくり出前講座受講(決定・否決)通知書(様式第2号)により申込者に通知するものとする。

(受講の制限)

第7条 次の各号のいずれかに該当すると認められるときは、出前講座の受講を許可しない。

(1) 公の秩序を乱し、又は善良な風俗を阻害するおそれのあるとき。

(2) 特定の政治、宗教又は営利を目的とした催し等を行うおそれのあるとき。

(3) 出前講座の目的に反し、その受講が適当でないと判断されるとき。

(変更等の届出)

第8条 第6条の規定により出前講座の決定を受けた者は、開催日時、場所その他申請事項に変更があったとき、又は受講を取り消そうとするときは、直ちに届け出て、その承認を受けなければならない。ただし、軽微な変更については、この限りでない。

(講師料)

第9条 出前講座の講師料は、無料とする。

(庶務)

第10条 出前講座の庶務は、総務部人事秘書課において処理する。

(その他)

第11条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成17年3月21日から施行する。

画像

画像

柳川市まちづくり出前講座実施要綱

平成17年3月21日 訓令第2号

(平成17年3月21日施行)