yng-info_pt3.gif文字サイズ  文字サイズ小 yng-font_m.gif yng-font_l.gif

 背景色 白 黒 青
yng-header.png
ホーム
魅力・観光
くらし
健康・福祉・子育て
教育・文化
産業・仕事
防災・防犯
市制情報
総合トップ > 教育・文化トップ > 歴史・文化 > 市史編さん > 刊行物 > 柳川歴史資料集成第6集「柳川の民俗概観1、2」
 
 
この階層のメニュー
GetAdobeReaderPDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

柳川歴史資料集成第6集「柳川の民俗概観1、2」

更新日 2018年08月27日

歴史資料集成第6集-1『柳川の民俗概観』 

平成9~15年度に行った柳川市内の民俗聞き取り調査をまとめた報告書です。

各地区別に、あらまし、なりわい、ならわし、まつりについて記載しています。

これらは、地区で暮らす上で必要な知識として生み出され、伝承されてきたものです。

 

付録月報には、筑波大学教授の古家信平先生の「柳川の民家を読む」と、鹿児島大学助教授の徳丸亞木先生の「市史編纂事業と民俗調査」を収録しています。

 

頒布価格

1,200円(税込み)

 

送料

350円

*送料は一冊分です。複数冊、また他の本もあわせてご購入の際は、お手数ですが、市史編さん係までお問い合わせください。

*平成30年9月1日発送分より郵便料金が改定されます。同日以降の送料につきましては、お手数ですが柳川市史編さん係(電話番号 0944-72-1275)までお問合せください。

 

歴史資料集成第6集-2『柳川の民俗概観2』 

平成17~23年度に行った旧大和町、旧三橋町での民俗聞き取り調査をまとめた報告書です。

第1編は、「大和町・三橋町のなりわいとくらし」、「大和町・三橋町における祭りの諸相」、「大和町・三橋町の民俗芸能」という3本の論考からなっています。

第2編は、各地区ごとに、あらまし、なりわい、くらし、ならわし、まつりについて記載しています。

 

附録月報には、福井県立歴史博物館学芸員の川波久志先生の「柳川のホンテラーアンデラ慣行について」と、文化庁伝統文化課民俗文化財部門の石垣悟先生の「行政調査としての民俗調査、あるいは行政と民俗学ーこれからの調査報告書のためにー」を収録しております。

 

頒布価格

1,200円(税込み)

 

送料

350円

*送料は一冊分です。複数冊、また他の本もあわせてご購入の際は、お手数ですが、生涯学習課市史編さん係までお問い合わせください。

*平成30年9月1日発送分より郵便料金が改定されます。同日以降の送料につきましては、お手数ですが柳川市史編さん係(電話番号 0944-72-1275)までお問合せください。

このページの作成担当・お問い合わせ先

生涯学習課市史編さん係 電話 0944-72-1275

お問い合わせフォーム

アクセシビリティ | 個人情報の取り扱いについて | 免責事項 | このサイトについて | リンク集 | ご意見・お問合せ | サイトマップ | 携帯サイト

ページの先頭へ

柳川市役所
柳川庁舎 〒832-8601 福岡県柳川市本町87番地1
 TEL:0944-73-8111 FAX:0944-74-1374
大和庁舎 〒839-0293 福岡県柳川市大和町鷹ノ尾120番地
 TEL:0944-76-1111FAX:0944-76-1170
三橋庁舎 〒832-8555 福岡県柳川市三橋町正行431番地
 TEL:0944-72-7111 FAX:0944-73-8405
柳川市法人番号 6000020402079

開庁時間 8時30分~17時(土日、祝日、12月29日~翌年1月3日を除く)
柳川庁舎の一部窓口業務を、第2木曜日は19時まで延長し、第4日曜日は8時30分から正午まで開庁します

窓口延長・開庁時の主な取り扱い業務
※開庁時間の各庁舎の代表電話は、柳川庁舎電話交換手が取り次ぎます
各課への直通番号 市役所への行き方
各ページの内容に関するお問合せは、ページごとに記載している問合せ先までご連絡ください。

Copyright © 2014 Yanagawa City All Rights Reserved.