yng-info_pt3.gif文字サイズ  文字サイズ小 yng-font_m.gif yng-font_l.gif

 背景色 白 黒 青
yng-header.png
ホーム
魅力・観光
くらし
健康・福祉・子育て
教育・文化
産業・仕事
防災・防犯
市制情報
総合トップ > 教育・文化トップ > 歴史・文化 > 市史編さん > 刊行物 > 柳川歴史資料集成第4集「柳河新報記事目録1・2」
 
 
この階層のメニュー
GetAdobeReaderPDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

柳川歴史資料集成第4集「柳河新報記事目録1・2」

更新日 2018年08月27日
本書は、明治36年から昭和53年にいたるまで柳川で発行されていた新聞『柳河新報』の記事目録です。採録したデータは、発行年月日・掲載面・記事見出・地名・団体名です。第1冊めは、大正11年まで、2分冊目は大正15年までの記事目録を掲載しました。残念ながら、柳河新報は、この間完全に継続して刊行されてはおらず、また刊行されたもの全てが残存している訳ではありません。底本としたのは、最後の経営者である故光行照太氏から平成3年に柳川古文書館に寄贈されたもので(一部利用に耐えないものもある)、また同館の他の史料群中から欠号を補っています。

 

この柳河新報には、論説はもちろん、柳川地方の人事消息・雑報・投書・広告など柳川に関わる細かな情報が載せられており、明治以降の柳川という地域社会を知るための強力なデータベースです。また、年表としても利用できるでしょう。さらに、国家的、国際的レベルでの大状況がどのように地域社会に反映していたかを考える格好の材料となります。

 

なお、附録の月報には、光行照太氏の長女である光行洋子氏(九州産業大学教授)の玉稿「柳河新報と父と私」(第1分冊)、古賀幸雄「大正期の筑後郷土史研究団体の状況」(第2分冊)を掲載しております。

 

組見本

組見本

歴史資料集成第4集-1『柳河新報記事目録1』

頒布価格

2,100円(税込み)

送料

560円 

*送料は一冊分です。複数冊、また他の本もあわせてご購入の際は、お手数ですが、生涯学習課市史編さん係までお問い合わせください。 

*平成30年9月1日発送分より郵便料金が改定されます。同日以降の送料につきましては、お手数ですが柳川市史編さん係(電話番号 0944-72-1275)までお問合せください。 

 

歴史資料集成第4集-2『柳河新報記事目録2』

頒布価格

2,100円(税込み)

送料

560円 

*送料は一冊分です。複数冊、また他の本もあわせてご購入の際は、お手数ですが、生涯学習課市史編さん係までお問い合わせください。  

*平成30年9月1日発送分より郵便料金が改定されます。同日以降の送料につきましては、お手数ですが柳川市史編さん係(電話番号 0944-72-1275)までお問合せください。 

 

 

このページの作成担当・お問い合わせ先

生涯学習課市史編さん係 電話 0944-72-1275

お問い合わせフォーム

アクセシビリティ | 個人情報の取り扱いについて | 免責事項 | このサイトについて | リンク集 | ご意見・お問合せ | サイトマップ | 携帯サイト

ページの先頭へ

柳川市役所
柳川庁舎 〒832-8601 福岡県柳川市本町87番地1
 TEL:0944-73-8111 FAX:0944-74-1374
大和庁舎 〒839-0293 福岡県柳川市大和町鷹ノ尾120番地
 TEL:0944-76-1111FAX:0944-76-1170
三橋庁舎 〒832-8555 福岡県柳川市三橋町正行431番地
 TEL:0944-72-7111 FAX:0944-73-8405
柳川市法人番号 6000020402079

開庁時間 8時30分~17時(土日、祝日、12月29日~翌年1月3日を除く)
柳川庁舎の一部窓口業務を、第2木曜日は19時まで延長し、第4日曜日は8時30分から正午まで開庁します

窓口延長・開庁時の主な取り扱い業務
※開庁時間の各庁舎の代表電話は、柳川庁舎電話交換手が取り次ぎます
各課への直通番号 市役所への行き方
各ページの内容に関するお問合せは、ページごとに記載している問合せ先までご連絡ください。

Copyright © 2014 Yanagawa City All Rights Reserved.