yng-info_pt3.gif文字サイズ  文字サイズ小 yng-font_m.gif yng-font_l.gif

 背景色 白 黒 青
yng-header.png
ホーム
魅力・観光
くらし
健康・福祉・子育て
教育・文化
産業・仕事
防災・防犯
市制情報
総合トップ > 教育・文化トップ > 歴史・文化 > 歴史・文化関連施設 > 柳川古文書館 > 柳川市アーティストインレジデンス事業「今田淳子展 生命への祈り まるのかたちの習作と羊水のたび 柳川170日」
 
 

柳川市アーティストインレジデンス事業「今田淳子展 生命への祈り まるのかたちの習作と羊水のたび 柳川170日」

更新日 2019年05月10日

「今田淳子展 生命への祈り ~まるのかたちの習作と羊水のたびvol.2柳川~」

柳川アーティストインレジデンス、旧綿貫家住宅滞在で制作した習作の一部を発表します。まるのかたち(白磁の皿の絵付け)の習作群とアクリルプリントの「羊水のたび」シリーズの柳川170日編の展示です。

 

庭先に枝を広げるからたち。みはしらはトリニティ。魅惑の古都の水面には常に違う文様が描きだされる。静かに水と土に臨む此の家は、我々が次また必ず涌き出づることを確信させる。

柳川アーティストインレジデンス、旧綿貫家住宅滞在170日。それは数々のシンクロニシティで成った。2016年から丸1年をかけ故郷の「侍の花」を制作、その後米国に招待され、初めに出逢った友人が発した「YANAGAWA」の言葉の魔法で、その年の秋江戸時代から続く「柳川の武家屋敷」に住んだ。

「羊水のたび」と題した作品や、水との対話を続けてねと誰かが私にささやいた。

イタリアの美術家ブルーノ・ムナーリは始まりも終わりもないまるのかたちを「神のかたち」と呼んだ。地球、子宮、果実、たまご、水滴、波紋、熱源からの広がり…生み出すものはみなまるい。

夏に視た白磁に隙間なく描かれた瑠璃色の網目紋と掘割の水紋を重ねながら、此処で見ること、最近起こっていることに思うことを不思議なまるの小さな皿に呉須(青絵の具)で描いてみた。

 

                                2019年3月 柳川にて 今田淳子

 

今田淳子展ポスター

 

会期

令和元年5月9日(木曜日)から6月30日(日曜日)まで

関連イベント

対談  今田淳子×冨澤治子(熊本市現代美術館主査・学芸員)

日時 6月2日(日曜日)午後2時から

場所 柳川古文書館

休館日

毎週月曜

開館時間

午前9時30分~午後4時30分(入館は午後4時まで)

場所

柳川古文書館展示室

 お問い合わせ

柳川古文書館 電話番号0944-72-1037、ファックス番号0944-72-5559
このページの作成担当・お問い合わせ先

生涯学習課市史編さん係 電話 0944-72-1275

お問い合わせフォーム

アクセシビリティ | 個人情報の取り扱いについて | 免責事項 | このサイトについて | リンク集 | ご意見・お問合せ | サイトマップ | 携帯サイト

ページの先頭へ

柳川市役所
柳川庁舎 〒832-8601 福岡県柳川市本町87番地1
 TEL:0944-73-8111 FAX:0944-74-1374
大和庁舎 〒839-0293 福岡県柳川市大和町鷹ノ尾120番地
 TEL:0944-76-1111FAX:0944-76-1170
三橋庁舎 〒832-8555 福岡県柳川市三橋町正行431番地
 TEL:0944-72-7111 FAX:0944-73-8405
柳川市法人番号 6000020402079

開庁時間 8時30分~17時(土日、祝日、12月29日~翌年1月3日を除く)
柳川庁舎の一部窓口業務を、第2木曜日は19時まで延長し、第4日曜日は8時30分から正午まで開庁します

窓口延長・開庁時の主な取り扱い業務
※開庁時間の各庁舎の代表電話は、柳川庁舎電話交換手が取り次ぎます
各課への直通番号 市役所への行き方
各ページの内容に関するお問合せは、ページごとに記載している問合せ先までご連絡ください。

Copyright © 2014 Yanagawa City All Rights Reserved.