柳河藩

更新日 2014年04月02日

 天正15年(1587)、豊臣秀吉は九州平定に功績のあった立花宗茂に下筑後四郡を宛行います。ただし、三池郡は実弟の高橋統増(のちの立花直次)へ、三潴郡のうち150町は三池鎮実に渡すこととされました。宗茂は柳川城に入城、ここを本拠として、領国の統治を行います。太閤検地後の領国の石高は、13万2200石。しかし、別な項目でも触れたように、慶長5年(1600)に関ヶ原合戦で西軍に属したため、宗茂は改易されます。

 

 宗茂改易後に入封した田中吉政は、筑後一国を領し、宗茂同様やはり柳川を本拠地に領内統治を行います。田中氏は吉政の跡を継いだ忠政が元和6年(1620)没すると無嗣断絶、改易となります。

 

 同年末に旧領主立花宗茂が当地方の領主として返り咲きます。この時、北筑後は有馬氏が支配することになり、久留米藩が成立します(柳河藩の南には三池藩も成立)。柳河藩と久留米藩は矢部川上中流がその境界をなし、このため江戸時代矢部川は「御境川」と呼称されます。両藩は江戸時代を通じて矢部川の利水・治水をめぐって争うことになりますが、その過程で独自の水利慣行を形成していきます。

 

 さて、宗茂が再封後に与えられた柳河藩の石高は、10万9647石余。その内訳は、山門郡86か村、三潴郡のうち12か村、三池郡のうち47か町村、上妻郡のうち16か村、下妻郡のうち8か村です。柳河藩領全体を描いた「御領内絵図」を見ると、西に有明海を抱く低平地が広がり、東は山がちの土地が続く、東西に細長い藩領であったことがわかります。

 

 ところで、文化3年(1806)に三池藩立花氏が陸奥下手渡に転封となると、旧三池藩領15か村は幕府領となりますが、文化13年にはその旧三池藩領は柳河藩預かり地となっています(このうち一部は嘉永4年(1851)下手渡藩に与えられる)。一般に゛柳河藩12万石゛と称されますが、柳河藩の石高(表高)は先に見たように約11万石ですので、この言い方には預かり地の石高が含められているものと考えられます。

 

 なお、宗茂のあとは、忠茂、鑑虎、鑑任(あきたか)、貞俶(さだよし)、貞則(さだのり)、鑑通(あきなお)、鑑寿(あきひさ)、鑑賢(あきかた)、鑑広(あきひろ)、鑑備(あきのぶ)と続き、鑑寛(あきとも)の時に明治維新を迎えます。そして、明治4年(1871)、廃藩置県によって柳河藩は廃されます。ここに柳河藩はその歴史に幕を下ろすわけですが、現在でも旧柳河藩域は共通の文化圏をなしているように見えます。

 

 

このページの作成担当・お問い合わせ先

生涯学習課市史編さん係 電話 0944-72-1275

お問い合わせフォーム

アクセシビリティ | 個人情報の取り扱いについて | 免責事項 | このサイトについて | リンク集 | ご意見・お問合せ | サイトマップ | 携帯サイト

ページの先頭へ

柳川市役所
柳川庁舎 〒832-8601 福岡県柳川市本町87番地1
 TEL:0944-73-8111 FAX:0944-74-1374
大和庁舎 〒839-0293 福岡県柳川市大和町鷹ノ尾120番地
 TEL:0944-76-1111FAX:0944-76-1170
三橋庁舎 〒832-8555 福岡県柳川市三橋町正行431番地
 TEL:0944-72-7111 FAX:0944-73-8405
柳川市法人番号 6000020402079

開庁時間 8時30分~17時(土日、祝日、12月29日~翌年1月3日を除く)
柳川庁舎の一部窓口業務を、第2木曜日は19時まで延長し、第4日曜日は8時30分から正午まで開庁します

窓口延長・開庁時の主な取り扱い業務
※開庁時間の各庁舎の代表電話は、柳川庁舎電話交換手が取り次ぎます
各課への直通番号 市役所への行き方
各ページの内容に関するお問合せは、ページごとに記載している問合せ先までご連絡ください。

Copyright © 2014 Yanagawa City All Rights Reserved.