水郷柳河

水郷柳河(すいきょうやながわ)
suikyoyanagawa01.JPG
[指定面積] 184,291.88平方メートル
[指定区分] 国
[種別] 名勝
[指定] 平成27年3月10日
[所在地] 福岡県柳川市沖端町55-1他
suikyoyanagawa02.JPG
概要

 水郷柳河は、近代日本を代表する柳川市出身の詩人北原白秋の故郷、柳川の水景です。

 白秋の生家が残る沖端の漁村及び若き日を過ごした柳河の旧城下の界隈を縦横に巡る掘割の水面、それらに臨んで深い影を落とす三柱神社・水天宮などの神社境内の樹叢、水面との緊密なつながりを持つ敷地構成・風致に特質がある白秋生家及び並倉などは、新進の詩人としての地位を確立した抒情小曲集『思ひ出』から、田中善徳の撮影による写真に詩歌を付した遺稿『水の構図』に至るまで、白秋が数多の作品に描き、それらを生み出す原点となった優秀な風致景観を構成しています。白秋は『思ひ出』において水郷柳河を「静かな廃市」と呼び、「さながら水に浮いた灰色の柩」と表現しました。白秋の詩作活動の背景には、今や静かに廃れ行こうとしつつも、なお光彩陸離たる郷里柳河の水景への強い懐旧の念がありました。

 水郷柳河の掘割の水面とそれらに臨む神社境内の樹叢などは、白秋の詩作の源泉となった優秀な水景の風致を誇ることから、その観賞上の価値及び学術上の価値は高いと評価され、名勝に指定されました。 

 

suikyoyanagawa03.JPG
suikyoyanagawa05.JPG
水郷(すいきょう)の読みについて

 柳川市は「水郷柳川(すいごうやながわ)」として広く知られています。

 名勝指定にあたり「水郷柳河(すいきょうやながわ)」の名称を用いた理由は、白秋の第二詩集『思ひ出』、及び『水の構図』における白秋自身の言葉に拠ったためです。特に、水郷(すいきょう)の読みは、白秋が『思ひ出』をローマ字表記し出版した『OMOIDE』に求めました。

 

このページの作成担当・お問い合わせ先

生涯学習課文化財保護係 電話 0944-77-8832

お問い合わせフォーム

アクセシビリティ | 個人情報の取り扱いについて | 免責事項 | このサイトについて | リンク集 | ご意見・お問合せ | サイトマップ | 携帯サイト

ページの先頭へ

柳川市役所
柳川庁舎 〒832-8601 福岡県柳川市本町87番地1
 TEL:0944-73-8111 FAX:0944-74-1374
大和庁舎 〒839-0293 福岡県柳川市大和町鷹ノ尾120番地
 TEL:0944-76-1111FAX:0944-76-1170
三橋庁舎 〒832-8555 福岡県柳川市三橋町正行431番地
 TEL:0944-72-7111 FAX:0944-73-8405
柳川市法人番号 6000020402079

開庁時間 8時30分~17時(土日、祝日、12月29日~翌年1月3日を除く)
柳川庁舎の一部窓口業務を、第2木曜日は19時まで延長し、第4日曜日は8時30分から正午まで開庁します

窓口延長・開庁時の主な取り扱い業務
※開庁時間の各庁舎の代表電話は、柳川庁舎電話交換手が取り次ぎます
各課への直通番号 市役所への行き方
各ページの内容に関するお問合せは、ページごとに記載している問合せ先までご連絡ください。

Copyright © 2014 Yanagawa City All Rights Reserved.