GetAdobeReaderPDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

柳川とウナギ

更新日 2016年04月05日

 柳川の名物といって真っ先に思い浮かべるのが、ウナギでしょう。ウナギ料理の中でも特にせいろ蒸しは柳川を代表する料理として、観光客にも人気です。

 

 ところで、いつごろからウナギが柳川の名物になったのでしょうか?

 

 明和2年(1765)に柳河藩士戸次求馬によって著された「南筑明覧」には、柳川の名物として鯉や鮒などが記されているものの、ウナギは見当たりません。しかし、江戸後期の史料からは、ウナギ猟をする者(猟師)、ウナギを計量する者(斤量取り)、仲買、問屋という分業体制が出来ていたことがわかります。こういった猟師やウナギの流通に関わる人たちは、藩に運上という営業税を納めることになっていました。このような事実から、柳河藩がウナギを特産品として捉え、統制下に置いていたことがわかります。

 

 もちろん、許可を得ず、勝手にウナギ猟をすることは許されていませんでした。また、猟師たちは仲買からウナギを安く買いたたかれていたようで、仲買を廃止して、直接問屋に納入できるよう藩に歎願した文書も残っています。

 

 やはり江戸後期と考えられる史料から、大坂の鮒屋という川魚問屋が、柳河藩領内のウナギ購入を独占する契約を藩との間で結んでいたことがわかります。この契約は、3か年目には早くも破綻し、結果として鮒屋は柳河藩領内のウナギ購入から閉め出されてしまいます。

 

 しかしながら、大坂の問屋とこのような契約を結んでいたこと自体、柳川のウナギが全国的に注目されていたことを示していると言ってよいでしょう。

 

 現在食用のウナギは養殖物が多く、天然物は非常に少なくなっている状況にあります。天然物では、潮境にいるウナギが「青」と呼ばれて良質とされ、中でも白い斑点がある「星青」が極上とされています。堀などに住む「赤」と称されるウナギは、あまり重宝がられません。

 

 住む所によって取り方も替わり、川や堀にいるものは「ろうげ」という竹で編んだ筒のような道具で捕り、海と川の境にいるウナギは延縄やウナギ掻きで捕ります。

 

鰻運上銀受控・夏鰻小買名前帳

ウナギ

乍恐奉願上候口上覚(ウナギ猟師の嘆願書)

ウナギ2

覚(契約に基づき、鮒屋が藩に60両納入したことが記される)

ウナギ3

 

 

このページの作成担当・お問い合わせ先

生涯学習課市史編さん係 電話 0944-72-1275

お問い合わせフォーム

アクセシビリティ | 個人情報の取り扱いについて | 免責事項 | このサイトについて | リンク集 | ご意見・お問合せ | サイトマップ | 携帯サイト

ページの先頭へ

柳川市役所
柳川庁舎 〒832-8601 福岡県柳川市本町87番地1
 TEL:0944-73-8111 FAX:0944-74-1374
大和庁舎 〒839-0293 福岡県柳川市大和町鷹ノ尾120番地
 TEL:0944-76-1111FAX:0944-76-1170
三橋庁舎 〒832-8555 福岡県柳川市三橋町正行431番地
 TEL:0944-72-7111 FAX:0944-73-8405
柳川市法人番号 6000020402079

開庁時間 8時30分~17時(土日、祝日、12月29日~翌年1月3日を除く)
柳川庁舎の一部窓口業務を、第2木曜日は19時まで延長し、第4日曜日は8時30分から正午まで開庁します

窓口延長・開庁時の主な取り扱い業務
※開庁時間の各庁舎の代表電話は、柳川庁舎電話交換手が取り次ぎます
各課への直通番号 市役所への行き方
各ページの内容に関するお問合せは、ページごとに記載している問合せ先までご連絡ください。

Copyright © 2014 Yanagawa City All Rights Reserved.