GetAdobeReaderPDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

並倉

更新日 2016年04月05日

 明治24年(1891)年6月、山門郡三橋村字江曲で、小さな味噌製造所が操業を開始しました。青年起業家吉開治吉の手によって設立された吉開鶴味噌です。

 

 明治34年(1901)、治吉は、味噌醸造業に専念することになり、この頃から鶴味噌は急速に業績を伸ばしていったようです。陸軍や三池鉱山の御用達にも指名されるようになり、日露戦争の頃になると製造所は昼夜となく操業するほどの忙しさでした。製造所で製産された米・麦・太白味噌は並倉の前で船に積まれ、堀割を巡り、やがて汽車や汽船に積み替えられて全国に配送されていきました。店舗の方も柳川だけではなく、久留米や佐世保そして大連にまで支店を構えるようになりました。

 

 事業の拡大に伴い、製造場の拡張、倉庫の増築、新型機械の導入などを行いました。昔の写真では、敷地の中央に巨大な煙突が立てられていたことも窺えます。こうした施設は、言うなれば鶴味噌の興隆の証でもあるのです。堀割に面して建つレンガ造りの3棟並んだ美しい建物、通称「並倉」もこうした証の一つです。この建物は味噌の麹室として利用され、製麹と呼ばれる作業が行われていました。今日ではレンガ造りの外観を保全したまま、中は改装されて冷蔵・温蔵室として利用され、平成12年に国の登録文化財に指定されました。

 

※この文章は、柳川市史別編『新柳川明証図会』、柳川文化資料集成第4集『柳川の社寺建築1』の山本輝雄氏(前編集委員)、松岡高弘氏(編集委員)、内山一幸氏(調査研究員)の執筆部分を編集したものです。

 

 

このページの作成担当・お問い合わせ先

生涯学習課文化財保護係 電話 0944-77-8832

お問い合わせフォーム

アクセシビリティ | 個人情報の取り扱いについて | 免責事項 | このサイトについて | リンク集 | ご意見・お問合せ | サイトマップ | 携帯サイト

ページの先頭へ

柳川市役所
柳川庁舎 〒832-8601 福岡県柳川市本町87番地1
 TEL:0944-73-8111 FAX:0944-74-1374
大和庁舎 〒839-0293 福岡県柳川市大和町鷹ノ尾120番地
 TEL:0944-76-1111FAX:0944-76-1170
三橋庁舎 〒832-8555 福岡県柳川市三橋町正行431番地
 TEL:0944-72-7111 FAX:0944-73-8405
柳川市法人番号 6000020402079

開庁時間 8時30分~17時(土日、祝日、12月29日~翌年1月3日を除く)
柳川庁舎の一部窓口業務を、第2木曜日は19時まで延長し、第4日曜日は8時30分から正午まで開庁します

窓口延長・開庁時の主な取り扱い業務
※開庁時間の各庁舎の代表電話は、柳川庁舎電話交換手が取り次ぎます
各課への直通番号 市役所への行き方
各ページの内容に関するお問合せは、ページごとに記載している問合せ先までご連絡ください。

Copyright © 2014 Yanagawa City All Rights Reserved.