GetAdobeReaderPDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

三嶋神社の肥前型鳥居

更新日 2016年04月05日

 三嶋神社は、柳川市西蒲池にあります。神社の境内は纏まりのある一画を形成し、楼門前の石橋の前方にはずっと遙か先まで見通せる参道が西へ西へと伸びています。

 

 現在境内には古い建物はありません。ただし、楼門より西、参道を約300メートルほど離れたところに柳川市指定有形文化財となっている三嶋神社石造鳥居がほぼ旧位置に孤立して立っています。

 

 鳥居の材質は、新補の貫石中央部材のみを除いて他は全て火山岩系の黒みがかった粗い石質であり、風化の程度から見て同一時期のものと思われます。その形姿はいわゆる肥前型で、華やかさこそありませんが、どっしりとした安定感ある立面をしています。

 

 本鳥居を実測して製図してみると、柱・貫・笠・額束の四材は完数の尺寸で設計されている、と考えられます。当鳥居は、柱の内法寸法を一間=六・五尺とするところから設計が始まったようにも思われます。

 

 鳥居の正面には刻字があります。右柱に「大檀那田中筑後守橘忠政」、左柱に「御………」「元和元年乙卯十二月吉日敬向」「願主□□□□」、額中央に「三島宮」と各々陰刻されています。左柱の最右列の刻字は甲木清氏のご研究によれば「御代官杉原善左衛門尉家永」と判読できるようです。

 

 本鳥居は、筑後地方における数少ない肥前型鳥居の典型例であり、また元和元年(1615)建設が明確な、当時の形態を良く今日に留めた貴重な文化財です。

 

※この文章は、柳川市史別編『新柳川明証図会』、柳川文化資料集成第4集『柳川の社寺建築1』の山本輝雄氏(前編集委員)、松岡高弘氏(編集委員)、内山一幸氏(調査研究員)の執筆部分を編集したものです。

 

 

このページの作成担当・お問い合わせ先

生涯学習課文化財保護係 電話 0944-77-8832

お問い合わせフォーム

アクセシビリティ | 個人情報の取り扱いについて | 免責事項 | このサイトについて | リンク集 | ご意見・お問合せ | サイトマップ | 携帯サイト

ページの先頭へ

柳川市役所
柳川庁舎 〒832-8601 福岡県柳川市本町87番地1
 TEL:0944-73-8111 FAX:0944-74-1374
大和庁舎 〒839-0293 福岡県柳川市大和町鷹ノ尾120番地
 TEL:0944-76-1111FAX:0944-76-1170
三橋庁舎 〒832-8555 福岡県柳川市三橋町正行431番地
 TEL:0944-72-7111 FAX:0944-73-8405
柳川市法人番号 6000020402079

開庁時間 8時30分~17時(土日、祝日、12月29日~翌年1月3日を除く)
柳川庁舎の一部窓口業務を、第2木曜日は19時まで延長し、第4日曜日は8時30分から正午まで開庁します

窓口延長・開庁時の主な取り扱い業務
※開庁時間の各庁舎の代表電話は、柳川庁舎電話交換手が取り次ぎます
各課への直通番号 市役所への行き方
各ページの内容に関するお問合せは、ページごとに記載している問合せ先までご連絡ください。

Copyright © 2014 Yanagawa City All Rights Reserved.