yng-info_pt3.gif文字サイズ  文字サイズ小 yng-font_m.gif yng-font_l.gif

 背景色 白 黒 青

ADRESS:

柳川市立二ッ河小学校

〒832-0821

柳川市三橋町百町735-1

TEL.0944-72-2834

FAX.0944-72-4091 

 

ACCESS:

 

電車の場合 

西鉄大牟田線西鉄柳川駅で下車、船小屋行きの西鉄バスに乗車、「百町」駅より徒歩2分。

 

自動車の場合 

西鉄柳川駅から瀬高方面に進み、蒲船津信号で左折し、沖端川沿いに東の方へ向かい、小学校が見えるまで直進して下さい。。

心の体温計.png
GetAdobeReaderPDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

共通実践項目の取組

1 郷土学習の実施

○各学年における郷土学習の充実

1年:みんなの遊び場で楽しもう(校区神社での遊び)

    昔遊びを楽しもう(地域のお年寄りと一緒に) 

2年:町探検に行こう(校区の店舗や工場見学)

        町のすてきを伝え合おう

3年:二ッ川の生き物について調べよう(二ッ川での生き物採集)

        柳川のお祭りについて調べよう

        横綱雲龍について調べよう 

4年:二ッ川はどこからどこまでか調べよう(広松伝さんについて)

        柳川の特産物を調べよう

5年:二ッ河の農業や産業を調べよう(稲作体験学習)

        北原白秋について調べよう

6年:長崎の歴史と文化について調べよう 

 

○地域の人、もの、ことの効果的な活用 

 

29-1nenjinja.JPG 29-2nenmachitan.JPG

   〈校区神社での遊び〉      〈校区の店舗の見学〉

 

二ツ川の生き物採集 29-inemizuyari.JPG

   〈二ッ川の生き物採集〉       〈稲作体験学習〉 

 

2 特別活動の重視

○代表委員会及び委員会活動の活性化

・学校の課題解決につながる実践と全校児童に向けた表現の場の設定

○学級活動(1)の充実

・話し合い活動への時数加配と学級会の計画的な積み重ね 

 

dozzibo-ru.jpg yomi.jpg

 〈集会委員会によるドッジボール集会〉   〈図書委員会による読み聞かせ〉

 

 

3 朝の読書補充学習の計画的・継続的な実施

○二ッ河タイム(昼の清掃後15分間) 

・活用力を高める問題への取り組みと、毎週水曜日の作文・視写

・全職員の参加体制と複数の指導者による効果的な指導

○月曜日から金曜日の毎朝10分間の読書タイム 

○すこやか教室

・放課後の補充学習(毎週金曜日)

・教育ボランティアの方(3名)の協力によるきめ細やかな指導 

すこやか教室

                         すこやか教室

 

防災教育の充実   

1 天候急変時(水害)対応集団下校(学期1回)

集中豪雨等の急激な天候の変化に備え、授業終了後、各地区ごとに運動場に集合し、6年生が先頭となって担当職員とともに1列に並んで下校します。その際、水があふれてきそうな危険箇所を確認しながら歩きます。

01suigai1.jpg 02suigai2.jpg

    〈地区ごとに整列〉       〈一列で下校〉

 

2 火災非難訓練(5月)

校舎内からの出火を想定し、火災非常ベルが鳴ったら、運動場に素早く避難します。廊下では、煙への対策としてハンカチで口を覆い、低い姿勢で歩く練習も行います。柳川消防署の方の講話を聴き、消火訓練も行います。 

 

syoubousyo.JPG shoukaki.JPG

 〈消防署の方の講話〉        〈消火訓練〉 

 

3 引き渡し訓練(6月)

急な天候の変化で、徒歩による下校が危険な場合に備え、引き渡し訓練を行います。土曜授業の日の授業終了後、児童は帰りの準備をして教室で待ちます。保護者の方には、上の学年の教室から順に子どもを迎えにきていただき、氏名を確実に確認して引き渡し、一緒に下校します。

 

4 不審者避難訓練(10月)

柳川警察署の方に来ていただき、登下校中に不審者に遭遇したときにどう行動すべきかを学習します。警察官の方に不審者役になっていただき、捕まえられないぐらいの距離をとることの大切さや、大声を出すことの大切さを実演を交えながら教えていただきます。

03bouhan1.jpg 04bouhan2.jpg

   〈役割演技による学習〉     〈大声を出す大切さ〉

 

5 弾道ミサイル対応避難訓練(11月)

私たちの地域に武力攻撃やテロが迫った時に備え、弾道ミサイル対応避難訓練(Jアラート避難訓練)を行います。実際にサイレンの音を放送で流し、それが聞こえたら窓やカ-テンを閉め、窓から離れて机の下に頭を隠して避難を行います。 

05misairu.jpg

    〈机の下に避難〉

 

6 震災避難訓練(1月)

毎年1月に、地震発生を想定し、避難訓練を行っています。「緊急地震速報」のサイレン音を放送で流し、それを受けて、すぐに机の下に避難します。揺れがおさまったら、運動場に避難するために移動しますが、その際、バッグ等で落下物から頭を守りながら進む練習を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright © 2014 Yanagawa City All Rights Reserved.