宅地等の税負担の調整措置

更新日 2019年07月08日

宅地の評価額は、平成5年度以前まではおおむね地価公示価格の2~3割程度でしたが、平成6年度に、評価の均衡を図るため宅地の評価水準を全国一律に地価公示価格の7割を目途とする評価替えが行われ、全国平均で評価額が約3.5倍に引き上げられました。そのため、税負担が急増しないように、平成5年の課税標準額を基に段階的に評価額に近づけていこうとする措置がとられました。この仕組みを負担調整措置といいます。

平成8年度までは、平成6年度の評価額の上昇割合に応じてなだらかに課税標準額を上昇する調整措置が行われていましたが、平成9年度から課税の公平の観点から、地域や土地によりばらつきがある負担水準 ※ 1を均衡化させることを重視した調整措置が講じられました。これにより、負担水準の高い土地は税負担を引き下げ又は据え置き、負担水準の低い土地はなだらかに税負担を上昇させることによって負担水準のばらつきの幅を狭めていく仕組みになっています。

負担調整措置の計算表

 

平成18年度から平成20年度までの負担調整措置については、負担水準が高い土地についてはこれまでの制度を継続する一方、負担水準が低い土地については制度を簡素なものとしながら、負担水準の均衡化をよりいっそう早める措置がとられています。それを図示したものがこちら(62KB; JPGファイル)です。また、下記の図は、評価額と課税標準額の関係をグラフ化したものです。

なお、負担調整措置の仕組みは大変複雑ですので、詳しくは税務課固定資産税係までお問い合わせください。

 

 

 

土地の評価額と課税標準額の関係 (イメージ図)

土地の評価額と課税標準額の関係のイメージ図

 

課税標準額の算出

1.住宅用地

本年度の評価額×住宅用地特例率(1/3又は1/6)=本則課税標準額A

  • 負担水準が1.0以上本年度課税標準額=本年度評価額×住宅用地特例率(1/3又は1/6)
  • 負担水準が0.2以上1.0未満本年度課税標準額=「前年度課税標準額+(A×5%)」と「A」の安いほう
  • 負担水準が0.2未満本年度課税標準額=「前年度課税標準額+(A×5%)」と「A×20%」の高いほう

 

2.商業地等の宅地

本年度の評価額=本則課税標準額B

  • 負担水準が0.7以上本年度課税標準額=本年度評価額×70%
  • 負担水準が0.6以上0.7未満本年度課税標準額=前年度課税標準額を据え置き
  • 負担水準が0.2以上0.6未満本年度課税標準額=「前年度課税標準額+(B×5%)」と「B×60%」の安いほう
  • 負担水準が0.2未満本年度課税標準額=「前年度課税標準額+(B×5%)」と「B×20%」の高いほう

 

 

このページの作成担当・お問い合わせ先

税務課固定資産税係 電話 0944-77-8456

お問い合わせフォーム

アクセシビリティ | 個人情報の取り扱いについて | 免責事項 | このサイトについて | リンク集 | ご意見・お問合せ | サイトマップ | 携帯サイト

ページの先頭へ

柳川市役所
柳川庁舎 〒832-8601 福岡県柳川市本町87番地1
 TEL:0944-73-8111 FAX:0944-74-1374
大和庁舎 〒839-0293 福岡県柳川市大和町鷹ノ尾120番地
 TEL:0944-76-1111FAX:0944-76-1170
三橋庁舎 〒832-8555 福岡県柳川市三橋町正行431番地
 TEL:0944-72-7111 FAX:0944-73-8405
柳川市法人番号 6000020402079

開庁時間 8時30分~17時(土日、祝日、12月29日~翌年1月3日を除く)
柳川庁舎の一部窓口業務を、第2木曜日は19時まで延長し、第4日曜日は8時30分から正午まで開庁します

窓口延長・開庁時の主な取り扱い業務
※開庁時間の各庁舎の代表電話は、柳川庁舎電話交換手が取り次ぎます
各課への直通番号(170KB; PDFファイル) 市役所への行き方
各ページの内容に関するお問合せは、ページごとに記載している問合せ先までご連絡ください。

Copyright © 2014 Yanagawa City All Rights Reserved.