yng-info_pt3.gif文字サイズ  文字サイズ小 yng-font_m.gif yng-font_l.gif

 背景色 白 黒 青
yng-header.png
ホーム
魅力・観光
くらし
健康・福祉・子育て
教育・文化
産業・仕事
防災・防犯
市制情報
総合トップ > くらしトップ > まちづくり > 沖端水天宮周辺整備に向けた「交通+賑わい」検証社会実験を実施
 
 

沖端水天宮周辺整備に向けた「交通+賑わい」検証社会実験を実施

更新日 2022年02月01日

沖端水天宮周辺においては、令和元年度に策定した『沖端水天宮周辺整備基本計画』で示した将来像の実現に向け、道路や水路の改修工事を予定しています。今後の整備によって道路幅員を変えることで、”車中心の空間”から”歩行者中心の空間”へと再編し、掘割側には、地域の方や観光客がゆったりと過ごせる「利活用空間」を作ることとしています。

今回の社会実験は、試しに道路の幅員を将来の形に変えてみたり、利活用空間を作ってみたりして、車のスピード抑制などの効果や安全性、快適性を検証し、その中で出た改善点を今後の整備に活かすために実施するものです。

皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 

社会実験チラシ(636KB; PDFファイル)


社会実験の概要

実験期間 

令和4年1月20日(木)~令和4年2月18日(金)

※実験期間の前後にテープの設置・撤去作業を行います。

※事前に実験周知看板を現地に設置します。

 

実験箇所 

沖端水天宮周辺の市道

 

計画平面図(638KB; PDFファイル)

 

実施内容

車が通れる部分を狭めてみる!

テープを設置し、車道幅員を3.0mに狭めて、1.5mの歩行空間を確保します。

※相互通行の時間帯(20時~7時)の間は、車の離合にご注意ください。 

 

利活用空間を実験的に活用してみる!

掘割側にバンコやテーブル等を置けるスペース(利活用空間)を作ります。

活用の仕方やルール等については、沖端商店会(周辺店舗の方)と協力して決めていく予定です。

121126104846.jpg121126105032.jpg

 

 

検証内容

交通問題 

地域の方、観光客の方がきちんとルールを守り、路上駐車が無くなるか検証します。

また、車のスピード抑制の効果についても検証します。 

 

利活用空間のルール・運営体制

利活用空間を実際に使ってみたときの課題を抽出し、心地よく活用するためのルールや、運営体制づくりを検討します。 

 

その他

地域の皆さまや水天宮周辺を通行している歩行者の方などに、アンケートや聞き取り調査を予定しておりますので、ご協力をよろしくお願いします。

このページの作成担当・お問い合わせ先

都市計画課都市計画係 電話 0944-77-8552

お問い合わせフォーム

アクセシビリティ | 個人情報の取り扱いについて | 免責事項 | このサイトについて | リンク集 | ご意見・お問合せ | サイトマップ | 携帯サイト

ページの先頭へ

柳川市役所
柳川庁舎 〒832-8601 福岡県柳川市本町87番地1
 TEL:0944-73-8111 FAX:0944-74-1374
大和庁舎 〒839-0293 福岡県柳川市大和町鷹ノ尾120番地
 TEL:0944-76-1111FAX:0944-76-1170
三橋庁舎 〒832-8555 福岡県柳川市三橋町正行431番地
 TEL:0944-72-7111 FAX:0944-73-8405
柳川市法人番号 6000020402079

開庁時間 8時30分~17時(土日、祝日、12月29日~翌年1月3日を除く)
柳川庁舎の一部窓口業務を、第2木曜日は19時まで延長し、第4日曜日は8時30分から正午まで開庁します

窓口延長・開庁時の主な取り扱い業務
※開庁時間の各庁舎の代表電話は、柳川庁舎電話交換手が取り次ぎます
各課への直通番号(170KB; PDFファイル) 市役所への行き方
各ページの内容に関するお問合せは、ページごとに記載している問合せ先までご連絡ください。

Copyright © 2014 Yanagawa City All Rights Reserved.