受益者負担金

更新日 2015年11月04日

公共下水道受益者負担金制度とは

  下水道の施設は、道路や公園のように多くの人々が自由に利用できる公共施設とは異なり、下水道が整備された処理区域という限られた地域の人々しか利用できません。

  そのため下水道の建設費のうち、国の補助金を除いた市費分を住民からの税金だけでまかなうことは、下水道を利用できない人々にまで負担をかけ、税金の公平を欠くことになります 。

  このため、下水道の整備によって土地の利便性や利用価値が増す処理区域の人々に建設費の一部を負担していただき、下水道を一日も早く計画的に整備しようというのが『受益者負担金制度』です。

 

  なお、受益者負担金は、下水道を使用する、しないにかかわらず、下水道が整備されれば負担していただくこととなります。 

 

  受益者負担金を納めていただく根拠は 

  都市計画法75条、または地方自治法224条に基づき、柳川市公共下水道事業受益者負担金に関する条例により受益者の方に納めていただくことになります。 

 

公共下水道受益者に賦課されます

受益者負担金賦割対象者図(国土交通省標準条例の例による)

 

土地の所有者、家屋所有者居住者が同一の場合

受益者

 

土地と家屋の所有者が同一で居住者が異なる場合

受益者2

 

家屋所有者と居住者が同一で土地の所有者が異なる場合

受益者3

 

土地の所有者、家屋所有者、居住者がそれぞれ異なる場合

受益者4

 

受益者負担金の額

 一般家庭は1戸につき200,000円です。

 従業員10人以上の事業所等は敷地面積1m2あたり600円で、最高2,000m2(1,200,000円)とし、最低は一般家庭と同額の200,000円です。

※負担金の支払いは一度限りです

※支払い方法は一括払いと分割払いがあります。

 一括払いの場合、20%~5%の報奨金制度があります。

 

一括払いの場合の報奨金交付率
  • 初年度報奨率:20%
  • 2年目報奨率:残額の15%
  • 3年目報奨率:残額の10%
  • 4年目報奨率:残額の5%

 

負担金の支払い方法

 負担金は、納入通知書によって支払っていただきます。

 分割払いの場合5年(年4期)の20回払いとなります。 

  • 第1期:6月15日から同月30日まで
  • 第2期:8月15日から同月31日まで
  • 第3期:10月15日から同月31日まで
  • 第4期:1月15日から同月31日まで

 

負担金の徴収猶予

 汚水が発生しない空き家、倉庫、駐車場、田、畑等は、受益者負担金の徴収猶予申請書を下水道課へ提出すれば、負担金の徴収猶予を受けられます。 

 

このページの作成担当・お問い合わせ先

下水道課維持管理係 電話 0944-77-8585

お問い合わせフォーム

アクセシビリティ | 個人情報の取り扱いについて | 免責事項 | このサイトについて | リンク集 | ご意見・お問合せ | サイトマップ | 携帯サイト

ページの先頭へ

柳川市役所
柳川庁舎 〒832-8601 福岡県柳川市本町87番地1
 TEL:0944-73-8111 FAX:0944-74-1374
大和庁舎 〒839-0293 福岡県柳川市大和町鷹ノ尾120番地
 TEL:0944-76-1111FAX:0944-76-1170
三橋庁舎 〒832-8555 福岡県柳川市三橋町正行431番地
 TEL:0944-72-7111 FAX:0944-73-8405
柳川市法人番号 6000020402079

開庁時間 8時30分~17時(土日、祝日、12月29日~翌年1月3日を除く)
柳川庁舎の一部窓口業務を、第2木曜日は19時まで延長し、第4日曜日は8時30分から正午まで開庁します

窓口延長・開庁時の主な取り扱い業務
※開庁時間の各庁舎の代表電話は、柳川庁舎電話交換手が取り次ぎます
各課への直通番号 市役所への行き方
各ページの内容に関するお問合せは、ページごとに記載している問合せ先までご連絡ください。

Copyright © 2014 Yanagawa City All Rights Reserved.