GetAdobeReaderPDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

国民健康保険の制度改革について

平成30年4月から国民健康保険制度が変わります

 

「持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律」(平成27年5月27日)の成立により、これまで市町村が国民健康保険(以下、国保)を運営していましたが、平成30年4月から、都道府県が国保の財政運営の責任主体となり、安定的な財政運営や効率的な事業の確保等の国保運営の中心的な役割を担うこととなります。

 

● 改革後の国保運営の在り方(都道府県と市町村のそれぞれの役割)

  市町村の主な役割  都道府県の主な役割
1 財政運営  医療費の支払いに充てる国保事業費納付金を都道府県に納付

 財政運営の責任主体
・市町村ごとの国保事業費納付金を決定
・財政安定化基金の設置、運営

2 資格管理 被保険者証等の発行などの資格を管理 国保運営方針を定め、事務の効率化、標準化、広域化を推進
3 保険税の決定賦課・徴収 ・県が提示した標準保険料率を参考に税率を決定
・保険税の賦課、徴収 
標準的な算定方法により、市町村ごとの参考となる保険税率(標準保険料率)を提示
4 保険給付

・保険給付の決定
・個々の事情に応じた窓口負担減免等

・給付に必要な費用を全額、市町村に対して支払い
・市町村が行った保険給付の点検
5 保健事業  健康づくりなどの保健事業を実施

市町村に対し、必要な助言、支援

(厚生労働省資料を基に作成) 

 

● 改革に伴い変わること・変わらないこと

変わること  変わらないこと 

1 保険証の様式
(平成30年4月1日以降、最初の更新の際)

2 国保への加入が都道府県単位へ
(市町村へ転入・転出・転居の届は必要です)
3 高額療養費の多数回該当が、都道府県単位で通算されるため、加入者の負担を軽減
(県外の他市町村への転出は対象となりません)

1 医療機関へのかかりかた
2 保険給付の申請、各種窓口での手続きや保険税の納付先

3 市町村の条例で保険税を決定すること 

 ● 平成30年度に向けた取り組み

福岡県では、平成30年度からの国民健康保険の在り方の見直しの準備を円滑に進めることを目的に、平成27年度に県と市町村の協議の場として「福岡県国保共同運営準備協議会」を設置しました。県と市町村間および市町村相互間で連絡調整、情報共有を行い、平成30年度に向けて協議を行っています。

 

平成30年度からの国保制度改革概要(1189KB; PDFファイル)

 


 ●関連リンク 

持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法の一部を改正する法律について(外部リンク)
福岡県国保共同運営準備協議会(外部リンク)
福岡県国民健康保険運営協議会(外部リンク)

 

 

 

 

このページの作成担当・お問い合わせ先

健康づくり課国民健康保険係 電話 0944-77-8506

お問い合わせフォーム

アクセシビリティ | 個人情報の取り扱いについて | 免責事項 | このサイトについて | リンク集 | ご意見・お問合せ | サイトマップ | 携帯サイト

ページの先頭へ

柳川市役所
柳川庁舎 〒832-8601 福岡県柳川市本町87番地1
 TEL:0944-73-8111 FAX:0944-74-1374
大和庁舎 〒839-0293 福岡県柳川市大和町鷹ノ尾120番地
 TEL:0944-76-1111FAX:0944-76-1170
三橋庁舎 〒832-8555 福岡県柳川市三橋町正行431番地
 TEL:0944-72-7111 FAX:0944-73-8405
柳川市法人番号 6000020402079

開庁時間 8時30分~17時(土日、祝日、12月29日~翌年1月3日を除く)
柳川庁舎の一部窓口業務を、第2木曜日は19時まで延長し、第4日曜日は8時30分から正午まで開庁します

窓口延長・開庁時の主な取り扱い業務
※開庁時間の各庁舎の代表電話は、柳川庁舎電話交換手が取り次ぎます
各課への直通番号 市役所への行き方
各ページの内容に関するお問合せは、ページごとに記載している問合せ先までご連絡ください。

Copyright © 2014 Yanagawa City All Rights Reserved.