産婦健康診査の費用助成について

更新日 2021年12月27日

産婦健康診査は、出産後のお母さんの心身の健康状態やお子さんの成長を見るため、お母さんとお子さんの両方に対して行われる健康診査です。

産婦健康診査を受診することで、産後のお母さんの心身の不調に早く気づき、早く対応することができます。また。お子さんの発達発育の確認もできます。 

 

受診票の交付

 令和3年12月16日以降の母子手帳交付時に「柳川市産婦健康診査受診票(補助券)」をお渡ししています。

すでに母子手帳をお持ちで、妊娠届出時の出産予定日が令和3年12月15日以降の人には、12月中旬に受診票を郵送しています。

 

 対象者

柳川市に住民票があり、令和4年1月1日以降に産婦健康診査を受診される人

 

健診内容

 問診、診察、体重・血圧測定、尿検査、赤ちゃんへの気持ち質問票、赤ちゃんの発育状況、栄養状態等

 

健診費用助成額 

 産後2週間健診、産後1か月健診に係る費用。1回5,000円(上限)

 

受診票を利用できる医療機関

立花レディースクリニック

柳川市三橋町藤吉530-11 電話 0944-73-2012

※柳川市産婦健康診査受診票(補助券)を持参し、産婦健康診査を受診してください 

 

 柳川市以外の医療機関で受診する場合の手続きについて

 5,000円を上限に健診費用を償還払いの方法で助成します。

医療機関等によっては、産婦健康診査1回目(産後2週間が対象)を実施していない場合がありますので、受診されている医療機関等にお尋ねください。

 

<手続きの流れ> 

1.産婦健診を受診する医療機関等で、「柳川市産婦健康診査受診票(補助券)」を提示し、

  結果を記載してもらう。

2.一旦健診費用を支払い、領収書を受け取る。

3.柳川市役所 子育て支援課 母子包括支援係(柳川庁舎1階13番窓口)で償還払いの手続き 

  を行う 。

4.約2か月後、指定の口座に健診費用が振り込まれます。

 

 ◎申請に必要なもの

  ・柳川市産婦健康診査受診票(補助券)

  ・医療機関等から発行の産婦健診の領収書

  ・母子健康手帳

  ・印鑑

  ・産婦名義の通帳 

   ※旧姓の口座は使用できません

   ※ゆうちょ銀行は「振込用の口座」が通帳に記載されていること

 

  ◎申請期間

   受診日から6か月以内

 

 ◎申請方法

   柳川市役所 子育て支援課 母子包括支援係にて申請書、請求書を記入し、必要書類等をそろえて   

   提出してください。

 

   申請書、請求書用紙は市窓口にありますが、下記からもダウンロードできます

   柳川市産婦健康診査費償還払助成金申請書(82KB; PDFファイル)

   柳川市産婦健康診査費助成金交付請求書(54KB; PDFファイル) 

   ※申請書、請求書に記入間違いがあると再度書き直しをお願いすることになります。

    申請時に説明しますので、金額や不明な点は未記入のまま

           窓口にお越しになることをお勧めします。 

このページの作成担当・お問い合わせ先

子育て支援課母子包括支援係 電話 0944-77-8170

お問い合わせフォーム

アクセシビリティ | 個人情報の取り扱いについて | 免責事項 | このサイトについて | リンク集 | ご意見・お問合せ | サイトマップ | 携帯サイト

ページの先頭へ

柳川市役所
柳川庁舎 〒832-8601 福岡県柳川市本町87番地1
 TEL:0944-73-8111 FAX:0944-74-1374
大和庁舎 〒839-0293 福岡県柳川市大和町鷹ノ尾120番地
 TEL:0944-76-1111FAX:0944-76-1170
三橋庁舎 〒832-8555 福岡県柳川市三橋町正行431番地
 TEL:0944-72-7111 FAX:0944-73-8405
柳川市法人番号 6000020402079

開庁時間 8時30分~17時(土日、祝日、12月29日~翌年1月3日を除く)
柳川庁舎の一部窓口業務を、第2木曜日は19時まで延長し、第4日曜日は8時30分から正午まで開庁します

窓口延長・開庁時の主な取り扱い業務
※開庁時間の各庁舎の代表電話は、柳川庁舎電話交換手が取り次ぎます
各課への直通番号(170KB; PDFファイル) 市役所への行き方
各ページの内容に関するお問合せは、ページごとに記載している問合せ先までご連絡ください。

Copyright © 2014 Yanagawa City All Rights Reserved.