子宮がん検診

子宮頸がん

子宮頸がんは、子宮の入り口の頸部から発生します。

子宮頸がんはHPV(ヒトパピローマウイルス)への感染がきっかけとなります。

 感染してもほとんどの場合は一過性ですが、ごく一部の人で感染が持続し、長期間を経てがんにいたることがあります。       

注)HPVは、一度でも性交渉の経験があれば感染している可能性があります。

子宮頸がんが進行すると、子宮摘出手術が必要となる場合もありますが、早期のうちに治療すれば、子宮を摘出せずに治癒できるため、妊娠・出産も可能です。 

子宮頸がんは、30~40歳代に多く、体がんは50~60歳代が多く診断されます。体がんは閉経以降にそのリスクが高くなります。現在のところ、検診の対象となるのは子宮頸がんです。

20歳以上の女性は、2年に1回、子宮頸がん検診を受けましょう。

 

子宮頸がん検診の方法

婦人科の専門医によって、子宮頸部の粘膜を採取し、がん細胞の有無やがん細胞の種類(組織型)を知ることができます。これを細胞診といい、この検査によって子宮頸がんの診断ができます。ただし生理中の場合、十分な検査ができない場合があります。検査の感度(がんがある人を正しく診断できる精度)は50~80%です。進行がんになるのを防ぐことができ、がん検診の中でも効果の高い検診と考えられます。検査時間は15分程度です。痛みはそれほどありません。

 

子宮頸がん検診の精密検査

細胞診では、約1%が「精密検査が必要」という判定を受けます。この場合、必ず精密検査を受けることが求められます。精密検査の方法は、組織診やコルポスコープ(膣拡大鏡)などがあります。

 

がん検診推進事業(無料クーポン券)について

特定の年齢に達した柳川市民の方に対して、子宮頸がん検診費用が無料となるがん検診無料クーポン券を送付します。

令和4年度子宮頸がん検診無料クーポン対象者(女性)

 柳川市に住民登録のある方で、次の生年月日の方。年齢は令和4年4月1日時点です。

年齢

生年月日

20歳

平成13年4月2日から平成14年4月1日

無料クーポン券の送付時期

令和4年5月25日

実施期間

令和4年6月1日から令和4年11月30日

注意事項
  • 無料クーポン券は、基準日(令和4年4月20日)に柳川市に住民登録をしている方へ送付しています。
  • 無料クーポン券を紛失した方や4月21日以降に柳川市に転入された方は、健康係へお問い合わせください。

 

このページの作成担当・お問い合わせ先

健康づくり課健康係 電話 0944-77-8536

お問い合わせフォーム

アクセシビリティ | 個人情報の取り扱いについて | 免責事項 | このサイトについて | リンク集 | ご意見・お問合せ | サイトマップ | 携帯サイト

ページの先頭へ

柳川市役所
柳川庁舎 〒832-8601 福岡県柳川市本町87番地1
 TEL:0944-73-8111 FAX:0944-74-1374
大和庁舎 〒839-0293 福岡県柳川市大和町鷹ノ尾120番地
 TEL:0944-76-1111FAX:0944-76-1170
三橋庁舎 〒832-8555 福岡県柳川市三橋町正行431番地
 TEL:0944-72-7111 FAX:0944-73-8405
柳川市法人番号 6000020402079

開庁時間 8時30分~17時(土日、祝日、12月29日~翌年1月3日を除く)
柳川庁舎の一部窓口業務を、第2木曜日は19時まで延長し、第4日曜日は8時30分から正午まで開庁します

窓口延長・開庁時の主な取り扱い業務
※開庁時間の各庁舎の代表電話は、柳川庁舎電話交換手が取り次ぎます
各課への直通番号(170KB; PDFファイル) 市役所への行き方
各ページの内容に関するお問合せは、ページごとに記載している問合せ先までご連絡ください。

Copyright © 2014 Yanagawa City All Rights Reserved.