福祉サービス

更新日 2018年06月26日

福祉サービスの体系はこう変わります(平成18年10月から)

 サービスは、個々の障害のある人々の障害程度や勘案すべき事項(社会活動や介護者、居住等の状況)をふまえ、個別に支給決定が行われる「障害福祉サービス」と、市町村の創意工夫により、利用者の方々の状況に応じて柔軟に実施できる「地域生活支援事業」に大別されます。

 「障害福祉サービス」は、介護の支援を受ける場合には「介護給付」、訓練等の支援を受ける場合は「訓練等給付」に位置付けられ、それぞれ、利用の際のプロセスが異なります。

 サービスには期限のあるものと、期限のないものがありますが、有期限であっても、必要に応じて支給決定の更新(延長)が可能となります。

 

福祉サービスに係る自立支援給付等の体系

 

現行サービス

 居宅サービス
  • ホームヘルプ(身・知・児・精)
  • デイサービス(身・知・児・精)
  • ショートステイ(身・知・児・精)
  • グループホーム(知・精)
 施設サービス
  • 重症心身障害児施設(児)
  • 療護施設(身)
  • 更生施設(身・知)
  • 授産施設(身・知・精)
  • 福祉工場(身・知・精)
  • 通勤寮(知)
  • 福祉ホーム(身・知・精)
  • 生活訓練施設(精)

(注) 表中の「身」は「身体障害者」、「知」は「知的障害者」、「精」は「精神障害者」、「児」は「障害児」のことです。

 

新サービス

 介護給付
  • 居宅介護(ホームヘルプ)
  • 自宅で、入浴、排せつ、食事の介護等を行います
  • 重度訪問介護
  • 重度の肢体不自由者で常に介護を必要とする人に、自宅で、入浴、排せつ、食事の介護、外出時における移動支援などを総合的に行います
  • 行動援護
  • 自己判断能力が制限されている人が行動するときに、危険を回避するために必要な支援、外出支援を行います
  • 重度障害者等包括支援
  • 介護の必要性がとても高い人に、居宅介護等複数のサービスを包括的に行います
  • 児童デイサービス
  • 障害児に、日常生活における基本的な動作の指導、集団生活への適応訓練等を行います
  • 短期入所(ショートステイ)
  • 自宅で介護する人が病気の場合などに、短期間、夜間も含め施設で、入浴、排せつ、食事の介護等を行います
  • 療養介護
  • 医療と常時介護を必要とする人に、医療機関で機能訓練、療養上の管理、看護、介護及び日常生活の世話を行います
  • 生活介護
  • 常に介護を必要とする人に、昼間、入浴、排せつ、食事の介護等を行うとともに、創作的活動又は生産活動の機会を提供します
  • 障害者支援施設での夜間ケア等(施設入所支援)
  • 施設に入所する人に、夜間や休日、入浴、排せつ、食事の介護等を行います
  • 共同生活介護(ケアホーム)
  • 夜間や休日、共同生活を行う住居で、入浴、排せつ、食事の介護等を行います
 訓練等給付
  • 自立訓練(機能訓練・生活訓練)
  • 自立した日常生活又は社会生活ができるよう、一定期間、身体機能又は生活能力の向上のために必要な訓練を行います
  • 就労移行支援
  • 一般企業等への就労を希望する人に、一定期間、就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練を行います
  • 就労継続支援(雇用型・非雇用型)
  • 一般企業等での就労が困難な人に、働く場を提供するとともに、知識及び能力の向上のために必要な訓練を行います
  • 共同生活援助(グループホーム)
  • 夜間や休日、共同生活を行う住居で、相談や日常生活上の援助を行います

 [地域生活支援事業]

  • 移動支援
  • 円滑に外出できるよう、移動を支援します
  • 地域活動支援センター
  • 創作的活動又は生産活動の機会の提供、社会との交流等を行う施設です
  • 福祉ホーム
  • 住居を必要としている人に、低額な料金で、居室等を提供するとともに、日常生活に必要な支援を行います

 

日中活動と住まいの場の組み合わせ

 入所施設のサービスを、昼のサービス(日中活動事業)と夜のサービス(居住支援事業)に分けることにより、サービスの組み合わせを選択できます。

 事業を利用する際には、利用者一人一人の個別支援計画が作成され、利用目的にかなったサービスが提供されます。

 例えば、現在、身体障害者療護施設を利用している、常時介護が必要な方は、日中活動事業の生活介護事業と、居住支援事業の施設入所支援を組み合わせて利用することができます。地域生活に移行した場合でも、日中は生活介護事業を利用し続けることが可能です。

 

見直し後

日中活動の場

 以下から一ないし複数の事業を選択

  • 療養介護(医療型)※
  • 生活介護(福祉型)
  • 自立訓練(機能訓練・生活訓練)
  • 就労移行支援
  • 就労継続支援(雇用型・非雇用型)
  • 地域活動支援センター(地域生活支援事業)

 ※療養介護については、医療機関への入院とあわせて実施

 

プラス

住まいの場

 障害者支援施設の施設入所支援又は居住支援(ケアホーム、グループホーム、福祉ホームの機能)

 

 

このページの作成担当・お問い合わせ先

福祉課障がい者福祉係 電話 0944-77-8514

お問い合わせフォーム

アクセシビリティ | 個人情報の取り扱いについて | 免責事項 | このサイトについて | リンク集 | ご意見・お問合せ | サイトマップ | 携帯サイト

ページの先頭へ

柳川市役所
柳川庁舎 〒832-8601 福岡県柳川市本町87番地1
 TEL:0944-73-8111 FAX:0944-74-1374
大和庁舎 〒839-0293 福岡県柳川市大和町鷹ノ尾120番地
 TEL:0944-76-1111FAX:0944-76-1170
三橋庁舎 〒832-8555 福岡県柳川市三橋町正行431番地
 TEL:0944-72-7111 FAX:0944-73-8405
柳川市法人番号 6000020402079

開庁時間 8時30分~17時(土日、祝日、12月29日~翌年1月3日を除く)
柳川庁舎の一部窓口業務を、第2木曜日は19時まで延長し、第4日曜日は8時30分から正午まで開庁します

窓口延長・開庁時の主な取り扱い業務
※開庁時間の各庁舎の代表電話は、柳川庁舎電話交換手が取り次ぎます
各課への直通番号(170KB; PDFファイル) 市役所への行き方
各ページの内容に関するお問合せは、ページごとに記載している問合せ先までご連絡ください。

Copyright © 2014 Yanagawa City All Rights Reserved.