「依存症」とは 

特定の何かに心を奪われ、「やめたくても、やめられない」状態になることです。代表的なものに、アルコール依存・薬物依存・ギャンブル依存などがあります。
●依存症は本人の身体や心、周りの人の生活に悪影響を及ぼします。
●依存症は特定の行為を自分の意思でやめたり、減らしたりできない病気です。
●依存症は回復することが可能。一人で抱え込まないで早めに専門の機関に相談しましょう。

 相談機関    ※下記によりお近くの相談機関を検索できます

「精神保健福祉センター」http://www.zmhwc.jp/centerlist.html

 依存症の理解を深める普及啓発

 5月14日から5月20日はギャンブル等依存症対策啓発週間

平成30年10月に施行された「ギャンブル等依存症対策基本法」において、毎年5月14日から5月20日は「ギャンブル等依存症問題啓発週間」と定められています。

●ギャンブル等依存症とは
ギャンブル等にのめり込みコントロールできなくなる精神疾患のひとつです。日常生活や社会生活に支障が生じることがあります。たとえば、うつ病を発症するなどの健康問題や、ギャンブル等を原因とする多重債務や貧困などの経済的問題に加え、家庭内不和などの家庭問題、虐待、自殺、犯罪などの社会的問題を生じることもあります。
ギャンブル等依存症は、適切な治療と支援により回復が十分に可能といわれています。しかし、本人自身が「自分は病気ではない」などと現状を正しく認知できない場合もあり、放置しておくと症状が悪化するばかりか、借金の問題なども深刻になっていくことが懸念されます。
ひとりで抱え込み悩まないで、相談してみてはいかがでしょうか。(相談機関は上記「相談機関」)

●普及啓発

あなたのこころの状態をチェックしてみませんか

現在のあなたのこころの状態をチェックしてみませんか。いくつかの質問に答えていくだけの簡単なものになっています。あなたの知らない本当の自分がわかるかもしれません。

このページの作成担当・お問い合わせ先

福祉課障害者福祉係 電話 0944-77-8514

お問い合わせフォーム

アクセシビリティ | 個人情報の取り扱いについて | 免責事項 | このサイトについて | リンク集 | ご意見・お問合せ | サイトマップ | 携帯サイト

ページの先頭へ

柳川市役所
柳川庁舎 〒832-8601 福岡県柳川市本町87番地1
 TEL:0944-73-8111 FAX:0944-74-1374
大和庁舎 〒839-0293 福岡県柳川市大和町鷹ノ尾120番地
 TEL:0944-76-1111FAX:0944-76-1170
三橋庁舎 〒832-8555 福岡県柳川市三橋町正行431番地
 TEL:0944-72-7111 FAX:0944-73-8405
柳川市法人番号 6000020402079

開庁時間 8時30分~17時(土日、祝日、12月29日~翌年1月3日を除く)
柳川庁舎の一部窓口業務を、第2木曜日は19時まで延長し、第4日曜日は8時30分から正午まで開庁します

窓口延長・開庁時の主な取り扱い業務
※開庁時間の各庁舎の代表電話は、柳川庁舎電話交換手が取り次ぎます
各課への直通番号 市役所への行き方
各ページの内容に関するお問合せは、ページごとに記載している問合せ先までご連絡ください。

Copyright © 2014 Yanagawa City All Rights Reserved.