yng-info_pt3.gif文字サイズ  文字サイズ小 yng-font_m.gif yng-font_l.gif

 背景色 白 黒 青
yng-header.png
ホーム
魅力・観光
くらし
健康・福祉・子育て
教育・文化
産業・仕事
防災・防犯
市制情報
総合トップ > 新型コロナトップ > 市民の皆さん > 感染の再拡大(リバウンド)を防ぐため、引き続き感染対策の徹底を
 
 
感染の再拡大(リバウンド)を防ぐため、引き続き感染対策の徹底を
更新日 2021年04月14日

 新型コロナウイルス感染症の再拡大(リバウンド)を防ぐには、これからも市民の皆さまのご協力が必要です。
 一人ひとりの意識が、再びの感染拡大を防ぐことにつながります。
 これまでの経験から、特に、会食や卒業旅行・歓送迎会などの恒例行事は感染拡大のきっかけの一つとなったと指摘されています。
 日常生活においてポイントをおさえた対策へのご協力をお願いいたします。

 

 新型コロナウイルスに感染しないようにするために

「3つの密(密閉・密集・密接)」の回避

  感染を予防するためには、基本的な感染予防の実施や不要不急の外出の自粛、「3つの密」を避けること等が重要です。
 1.密閉空間(換気の悪い密閉空間である)、2.密集場所(多くの人が密集している)、3.密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や共同行為が行われる)という3つの条件のある場では、感染を拡大させるリスクが高いと考えられています。
 また、屋外でも、密集・密接には要注意。人混みや近距離での会話、特に大きな声を出すことや歌うこと、激しい呼気や大きな声を伴う運動は避けましょう。

 

        2021414144245.png                 2021414144342.png

 

 手洗い

 ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに石鹸で手を洗いましょう。アルコール消毒をしましょう。洗っていない手で目や鼻、口などを触らないようにしてください。

 

202141414362.png 

 

 咳エチケット

 咳エチケットとは、感染症を他者に感染させないために、咳・くしゃみをする際、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖、肘の内側などを使って、口や鼻をおさえることです。
 対面で人と人との距離が近い接触(互いに手を伸ばしたら届く距離でおよそ2mとされています)が、一定時間以上、多くの人々との間で交わされる環境は、リスクが高いです。感染しやすい環境に行くことを避け、手洗い、咳エチケットを徹底しましょう。

 

  2021414143742.png   2021414143818.png  2021414143854.png

 

 

再拡大防止のための日常生活のあり方 

 ポイントをおさえた会食

  • 換気が良く座席間の距離も十分で、適切な大きさのアクリル板も設置され、混雑していない店を選択してください。
  • 食事は短時間で、深酒をせず大声を出さず、会話の時はマスクを着用してください。
  • 人数が増えるほどリスクが高まります。できるだけ、家族か、4人までにしてください。

 

       ポイントをおさえて会食しよう!(1016KB; PDFファイル)

 

 ポイントをおさえた生活

  • 外出はすいた時間と場所を選んでください。特に平日・休日ともに混雑した場所での食事は控えてください。
  • 卒業旅行謝恩会歓送迎会は控えてください。花見は宴会なしでお願いします。
  • 仕事は組織トップが決意を示し、リモートワークを推進してください。

 

       ポイントをおさえて生活しよう!(999KB; PDFファイル)

 

 職場におけるコロナ対策

 各職場でぜひ取り組んでいただきたいポイントをまとめていますので、実践してください。

 

       職場におけるコロナ感染症対策のお知らせ(626KB; PDFファイル)

 

 感染リスクが高まる「5つの場面」

 これまでの感染拡大の経験から、感染リスクが高い行動や場面が明らかになってきました。新型コロナウイルス感染症の伝播は、主に「クラスター」を介して拡大することが分かっています。

 クラスター分析で得られた知見から、感染リスクが高まる「5つの場面」が新型コロナウイルス感染症対策分科会により提言としてまとめられました。

 

【場面1】飲食を伴う懇親会等

・飲酒の影響で気分が高揚すると同時に注意力が低下する。また、聴覚が鈍麻し、大きな声になりやすい。
・特に敷居などで区切られている狭い空間に、長時間、大人数が滞在すると、感染リスクが高まる。
・また、回し飲みや箸などの共用が感染のリスクを高める。

 

【場面2】大人数や長時間におよぶ飲食

 2_2020111015174083.png

・長時間に及ぶ飲食、接待を伴う飲食、深夜のはしご酒では、短時間の食事に比べて、感染リスクが高まる。
・大人数、例えば5人以上の飲食では、大声になり飛沫が飛びやすくなるため、感染リスクが高まる。

 

【場面3】マスクなしでの会話

 3_2020111015174083.png    3-2_2020111015174083.png

・マスクなしに近距離で会話をすることで、飛沫感染やマイクロ飛沫感染での感染リスクが高まる。
・マスクなしでの感染例としては、昼カラオケなどでの事例が確認されている。
・車やバスで移動する際の車中でも注意が必要。

 

【場面4】狭い空間での共同生活

 4-2_2020111015174083.png 4_2020111015174083.png 

・狭い空間での共同生活は、長時間にわたり閉鎖空間が共有されるため、感染リスクが高まる。
・寮の部屋やトイレなどの共有部分での感染が疑われる事例が報告されている。

 

【場面5】居場所の切り替わり

5_2020111015540702.png 5-2_2020111015540702.png 
・仕事での休憩時間に入った時など、居場所が切り替わると、気の緩みや環境の変化により、感染リスクが高まることがある。
・休憩室、喫煙所、更衣室での感染が疑われる事例が確認されている。
 
 
 皆さまご自身を守るため、そして、大切な人を守るため、ご協力をお願いします。 
 
このページの作成担当・お問い合わせ先

健康づくり課健康係 電話 0944-77-8536

お問い合わせフォーム

アクセシビリティ | 個人情報の取り扱いについて | 免責事項 | このサイトについて | リンク集 | ご意見・お問合せ | サイトマップ | 携帯サイト

ページの先頭へ

柳川市役所
柳川庁舎 〒832-8601 福岡県柳川市本町87番地1
 TEL:0944-73-8111 FAX:0944-74-1374
大和庁舎 〒839-0293 福岡県柳川市大和町鷹ノ尾120番地
 TEL:0944-76-1111FAX:0944-76-1170
三橋庁舎 〒832-8555 福岡県柳川市三橋町正行431番地
 TEL:0944-72-7111 FAX:0944-73-8405
柳川市法人番号 6000020402079

開庁時間 8時30分~17時(土日、祝日、12月29日~翌年1月3日を除く)
柳川庁舎の一部窓口業務を、第2木曜日は19時まで延長し、第4日曜日は8時30分から正午まで開庁します

窓口延長・開庁時の主な取り扱い業務
※開庁時間の各庁舎の代表電話は、柳川庁舎電話交換手が取り次ぎます
各課への直通番号 市役所への行き方
各ページの内容に関するお問合せは、ページごとに記載している問合せ先までご連絡ください。

Copyright © 2014 Yanagawa City All Rights Reserved.