地域おこし協力隊奮闘記とは…
地域外で生活する人の視点で、柳川の新たな魅力を掘り起こす「地域おこし協力隊員」。九州外からやってきた隊員たちの日々の活動や、柳川の魅力などをブログ形式でお届けします。

柳川地域おこし協力隊員

  • 北原真耶…商工・ブランド振興課所属
  • 上田恵佳…商工・ブランド振興課所属
  •  片野聡…観光課所属
  • 長谷川太郎…観光課所属
  • 千原久美子…観光課所属
  • 福永純一…観光課所属
  • 吉川雅俊…観光課所属
  • 遠藤大輔…観光課所属
  • 平原真紀子…観光課所属
  • 荒木広美…観光課所属
  • 大村一雄…水産振興課所属 
  • 堤圭… 商工・ブランド振興課所属
  • 井上雅仁… 商工・ブランド振興課所属 
年度別ブログ一覧
岡崎まちゼミ研修に行ってきました
2015年03月19日 16時29分

みなさん、こんにちは。

地域おこし協力隊の阿部です。

 

先日、愛知県岡崎市で「まちゼミ」の研修に参加してきました。

「まちゼミ」とは、商店街のお店の人が講師となって、

プロならではの知識や情報、コツなどを受講者であるお客さんに

無料(材料費は別)でお伝えする少人数ゼミです。

詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

「岡崎まちゼミの会」(外部サイトへリンク)

 

okazaki01.jpg

1泊2日の研修でしたが、とてもそれでは足りないほど濃い内容の研修。

座学でも、講師の方の熱意がひしひしと伝わってきて、こちらも熱くなります。

 

「まちゼミ」の特徴は

「無料でプロの知識が得られてお客さんによい」

「売り上げアップにつながってお店によい」

「商店街ににぎわいが戻って街によい」の

「三方よし」ということ。

とりたててマイナス要因はないのに売り上げが上がり、街が元気になっていき、

お客さんにも喜んでいただけるということで、今では全国で180近くの商店街が導入しています。

ここ福岡県でも、飯塚、若松、小倉魚町、久留米、平尾の5つの商店街で開催されています。

 

okazaki02.jpg

実際に「まちゼミ」に参加している店舗の方から直接話をうかがいます。

こちらは眼鏡店ですが、他店とのコラボという面白い形でも講座を開いています。

たとえば、洋品店さんと組んで、ファッションと眼鏡のコーディネートを学んだり、

補聴器店さんと組んで「聞こえと見え方の入門講座」を開いたり。

 

okazaki03.jpg

こちらは時計&貴金属店。

手作りブレスレットを作るワークショップを開いたり、

オリジナル時計を作ったりなどの講座でとても人気だそうです。

 

「まちゼミ」では販売をしないのが鉄則です。

しかし、一度店内に入ったことがあると、何かの折にその店を思い出し、

顧客となっていくという流れが生まれます。

 

眼鏡にしても時計にしても、すぐに購入するというものではありませんが、

記念日に購入したりとか、日常の修理などで訪れたりなどということも大きなプラスです。

 

okazaki04.jpg

こちらの薬局を訪問したときは、まさに「まちゼミ」の開催中!

3名の女性の受講者に、店主さんがダイエットのコツを伝授していました。

「健康」「美容」というのは、まちゼミの中でも大人気のカテゴリーだそうです。

 

okazaki05.jpg

こちらはとても立派な文房具店なのですが、

実はここ、もう閉店しようと決めていたお店です。

店主さんが高齢で、売り上げも少ないため、そろそろお店をたたもうとしていたときに、

「まちゼミ」に参加することで、お店に活気が戻りました。

結果的にお子さんも都会から戻って後を継ぎ、なんと店舗を新築しました。

ここの万年筆売場は圧巻です。東京の専門店でもかなわないのではと思うほど。

 

このように「まちゼミ」はとても効果のある取り組みですが、

最初はなかなか結果に結びつかないとのこと。

補聴器店の方の話では、最初の2年間はまったく売り上げに結びつかなかったそうです。

それが今となっては、年間で300万円ほどの売り上げを上げるようになりました。

「まちゼミ」を成功させる秘訣、それは「あきらめずに続ける」こと。 

 

上の方で、「まちゼミ」では販売をしないと書きましたが、

実は唯一しっかりと売っているものがあります。

それは「店主の人柄」です。

 

物によってつながったお客さんは簡単に離れていきます。

安さにひかれたお客さんは、より安いお店に簡単に移っていきます。

しかし、人でつながった場合はどうでしょうか?

こちらは簡単に離れていくことにはなりません。

 

実際に、化粧品店では、まったく値引きもせず、定価販売をしているのにお客さんがやって来ます。

安さで勝負すればドラッグストアやネットショップに負けます。

品揃えを考えても、同じことが言えます。

個店が生き残っていくためには、しっかりと「人」を売る必要がある。

それを可能にするのが「まちゼミ」なのです。

 

私はこの研修を受けて自信がつきました。

なぜなら、柳川の商店街には、素晴らしい「人」があふれているではないですか。

ぜひ「まちゼミ」を導入して、みなさんの良さを売ってほしいと願っています。

 

「まちゼミ」のことなど、もっと知りたいという方は、

どうぞお気軽に下記までご連絡ください。

 

柳川市地域おこし協力隊 阿部昭彦

E mail    40207-nou-tok@city.yanagawa.lg.jp

Copyright © 2014 Yanagawa City All Rights Reserved.