blog1_hd.jpg

総合トップ > 地域おこし協力隊奮闘記 > 2014年度 > 2015年2月 > 福岡県上毛町田舎暮らし研究サロンの視察へ行ってきました
 
 
地域おこし協力隊奮闘記とは…
地域外で生活する人の視点で、柳川の新たな魅力を掘り起こす「地域おこし協力隊員」。九州外からやってきた隊員たちの日々の活動や、柳川の魅力などをブログ形式でお届けします。

柳川地域おこし協力隊員

  • 北原真耶…商工・ブランド振興課所属
  • 上田恵佳…商工・ブランド振興課所属
  •  片野聡…観光課所属
  • 長谷川太郎…観光課所属
  • 千原久美子…観光課所属
  • 福永純一…観光課所属
  • 吉川雅俊…観光課所属
  • 遠藤大輔…観光課所属
  • 平原真紀子…観光課所属
  • 荒木広美…観光課所属
  • 大村一雄…水産振興課所属 
  • 堤圭… 商工・ブランド振興課所属
  • 井上雅仁… 商工・ブランド振興課所属 
年度別ブログ一覧
福岡県上毛町田舎暮らし研究サロンの視察へ行ってきました
2015年02月25日 15時25分

地域おこし協力隊の坂田です。

 

先日福岡県上毛町田舎暮らし研究サロンの視察へ行ってきました。当日は上毛町地域おこし協力隊の西塔さんから話を伺いました。

 

「上毛町は、福岡県最東端、人口約8000人弱ほどの町。地域の仕事をしながら田舎暮らしの可能性を探るお試し居住プログラム『上毛町ワーキングステイ(外部サイトへリンク)や、全国各地から建築関係の学生を募集して古民家をリノベーションする『KOUGEデザインビルド』などで、地域活性の新しい形を探っている場所です。」

 

「『田舎暮らし研究サロン(外部サイトへリンク)は上毛町に2014年春にオープンした地域活性、地域交流、情報発信の入口でありシンボルでもある場所。スタッフが常駐し、上毛町を訪れた人々と地域への橋渡しを行います。こちらは福岡R不動産(外部サイトへリンク)とともに全国各地から 募集した学生8人とともに築100年の古民家をリノベーションした『KOUGEデザインビルド(外部サイトへリンク)で作られた物件。上毛町の“シカケ”の中核を担う存在です。田舎暮らし研究サロンについての詳細はこちら(外部サイトへリンク)。」

 

※ウェブサイト「ミラノシカ」より抜粋

http://miranoshika.org/about/(外部サイトへリンク)

 

彼の言葉で印象的だったのは、「地方の現場に求められているのは、アドバイザーやコンサル、起業支援家ではないんです。主体的に動く人間。起業家+地域力を持った人材。失敗を受け入れる覚悟。そういう人を呼び寄せるにはどうしたらいいか、ちゃんと考えよう。」ということでした。(毎年数億円の消費額が消えていく柳川においても)最早当たり前に思われるが、実行力が伴うことは本当に稀。そういう人材に触れ合い、刺激をもらえるだけでも(実行力が前提条件ですが)十分価値のある視察となりました。

 

IMG_20150126_120045.jpgIMG_20150126_120050.jpg

 

Copyright © 2014 Yanagawa City All Rights Reserved.