歴史

2016年07月07日 15時24分

柳川地方に人が住み始めたのは、およそ2千年前と推定されています。そのころから人々は、有明海の湿地の溝を掘り、その土を盛り上げて開拓し、灌漑と排水を担うクリーク網を形成していきました。市内外に残る条里の遺構や地名はその営みの古さを物語っており、この縦横に走るクリークは柳川地方の景観の特徴です。慶長6年(1601年)から田中吉政が、元和6年(1620年)から立花宗茂がこの地を治め、治水・干拓事業により2000町に及ぶ干拓地の造成など、今日に伝えられている地域の社会的、物的環境の基礎が整えられました。

明治4年(1871年)の廃藩置県により旧柳川藩は柳河県となり、明治22年(1889年)の明治の大合併で、現在の柳川市域は山門郡内に柳河町、城内村、沖端村、西宮永村、東宮永村、両開村、塩塚村、鷹尾村、有明村、川北村、川辺村、垂見村、宮の内村の1町12村が、三潴郡内に浜武村、久間田村、蒲池村の3村が誕生しました。明治40年(1907年)に塩塚村、鷹尾村、有明村が合併して大和村に、川北村、川辺村、垂見村、宮の内村が合併して三橋村が誕生。昭和12年(1937年)1月には浜武村、久間田村が合併して昭代村が誕生します。昭和26年(1951年)4月の昭和の大合併で、柳河町と城内村、沖端村、東宮永村、西宮永村、両開村の1町5村が合併して柳川町となり、翌年4月に市制を施行。また、同年6月には三橋村が、9月には大和村が町制を施行しました。さらに昭和30年(1955年)1月、柳川市が三潴郡の昭代村、蒲池村を編入合併しています。平成17年3月21日に柳川市、大和町、三橋町の1市2町が合併し、現在に至っています。

 

合併の経過


 

 

このページの作成担当・お問い合わせ先

企画課広報広聴係 電話 0944-77-8425

お問い合わせフォーム

アクセシビリティ | 個人情報の取り扱いについて | 免責事項 | このサイトについて | リンク集 | ご意見・お問合せ | サイトマップ | 携帯サイト

ページの先頭へ

柳川市役所
柳川庁舎 〒832-8601 福岡県柳川市本町87番地1
 TEL:0944-73-8111 FAX:0944-74-1374
大和庁舎 〒839-0293 福岡県柳川市大和町鷹ノ尾120番地
 TEL:0944-76-1111FAX:0944-76-1170
三橋庁舎 〒832-8555 福岡県柳川市三橋町正行431番地
 TEL:0944-72-7111 FAX:0944-73-8405
柳川市法人番号 6000020402079

開庁時間 8時30分~17時(土日、祝日、12月29日~翌年1月3日を除く)
柳川庁舎の一部窓口業務を、第2木曜日は19時まで延長し、第4日曜日は8時30分から正午まで開庁します

窓口延長・開庁時の主な取り扱い業務
※開庁時間の各庁舎の代表電話は、柳川庁舎電話交換手が取り次ぎます
各課への直通番号 市役所への行き方
各ページの内容に関するお問合せは、ページごとに記載している問合せ先までご連絡ください。

Copyright © 2014 Yanagawa City All Rights Reserved.