yng-info_pt3.gif文字サイズ  文字サイズ小 yng-font_m.gif yng-font_l.gif

 背景色 白 黒 青
yng-header.png
ホーム
魅力・観光
くらし
健康・福祉・子育て
教育・文化
産業・仕事
防災・防犯
市制情報
総合トップ > くらしトップ > ごみ・環境 > カラスの被害対策(巣の撤去をおこないます)
 
 
GetAdobeReaderPDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

カラスの被害対策(巣の撤去をおこないます)

                                              更新日 2018年03月29日

カラス対策は、カラスのエサをなくすことや巣作りできない環境づくりが重要です。一人ひとりができることから取組を進めましょう。また、カラスのねぐらとならないような樹木等の管理(枝打ちなど)にご協力ください。

ごみ置き場をカラスのエサ場にしない対策として

  ◇生ごみをできるだけ減らす(リンク先;生ごみ処理機等購入費補助
  ◇ごみの収集日(決められた時間)に出す
  ◇ごみ袋の口をしっかり結ぶ
  ◇ネットかけなどを徹底する

4月からカラスの巣の撤去を行います。

カラスやサギ等は繁殖期(4~7月頃)に樹木等に巣を作って卵を産みヒナを育てます。この時期になるとカラスは、巣に近づく人に対して威嚇や攻撃をしてくる習性があります。特に通行中の子供や高齢者の方などの後頭部を狙って足で攻撃する場合がありますので、けがなどを避けるためにも巣に近づかないような防衛策も必要です。
また、巣からのフンで建物や道路が汚される場合や、鳴き声による騒音で生活に支障を来す場合があります。
市では、カラスの威嚇攻撃やフン害などから市民の皆さんの安全や衛生を確保するため、巣の撤去(卵の回収・ヒナの捕獲)を行います。カラスがいる巣を見つけて、威嚇攻撃の危険を感じたりフン害などでお困りの場合はご連絡ください。まずは職員が現地調査を行いますので立会い等のご協力をお願いします。
ただし、撤去作業者の安全確保ができない高さにある場合など、撤去できない場合があります。

このページの作成担当・お問い合わせ先

生活環境課環境係 電話 0944-77-8485

お問い合わせフォーム

アクセシビリティ | 個人情報の取り扱いについて | 免責事項 | このサイトについて | リンク集 | ご意見・お問合せ | サイトマップ | 携帯サイト

ページの先頭へ

柳川市役所
柳川庁舎 〒832-8601 福岡県柳川市本町87番地1
 TEL:0944-73-8111 FAX:0944-74-1374
大和庁舎 〒839-0293 福岡県柳川市大和町鷹ノ尾120番地
 TEL:0944-76-1111FAX:0944-76-1170
三橋庁舎 〒832-8555 福岡県柳川市三橋町正行431番地
 TEL:0944-72-7111 FAX:0944-73-8405
柳川市法人番号 6000020402079

開庁時間 8時30分~17時(土日、祝日、12月29日~翌年1月3日を除く)
柳川庁舎の一部窓口業務を、第2木曜日は19時まで延長し、第4日曜日は8時30分から正午まで開庁します

窓口延長・開庁時の主な取り扱い業務
※開庁時間の各庁舎の代表電話は、柳川庁舎電話交換手が取り次ぎます
各課への直通番号 市役所への行き方
各ページの内容に関するお問合せは、ページごとに記載している問合せ先までご連絡ください。

Copyright © 2014 Yanagawa City All Rights Reserved.