障害児施設

更新日 2014年03月28日

障害児施設は契約方式に変わります(平成18年10月から)

 障害児施設(知的障害児施設、知的障害児通園施設、盲ろうあ児施設、肢体不自由児施設、重症心身障害児施設)は、措置から契約方式に変わります。

 障害児の保護者は、都道府県に支給申請を行い、支給決定を受けた後、利用する施設と契約を結びます。

 なお、これまで同様、現在入所している方のうち障害の程度が重度である場合は、満18歳に達した後の延長利用を可能とするとともに、重症心身障害児施設においては、満18歳を超えていても、新たな施設利用を可能としています。

障害児施設の利用者負担

  • 福祉型の障害児施設については、サービスにかかる費用は1割負担、食費、光熱水費は実費負担となります。
  • 医療型の障害児施設については、サービスにかかる費用の1割負担(福祉分、医療分ともに)、食費については、入院時食事療養費の標準負担額分の負担となります。
  • この他、日常生活にかかる費用等が実費負担となります。
  • 福祉型、医療型ともに地域で子どもを養育する場合にかかる費用と同程度の負担となるよう、軽減措置が講じられます。

福祉型の障害児施設の費用構成

  • 食費等(全額負担)※ただし補足給付あり
  • 福祉サービス費(公費)1割負担

【生活保護、低所得1,2の場合】

[費用]

  • その他生活費 ※ 2.5万円
  • 定率負担1.5万円
  • 食費、光熱水費5.8万円

[負担]

  • 年収200万円未満世帯における一人当たりの平均的な支出約5.0万円
  • 補足給付

【一般の場合】

[費用]

  • その他生活費 ※ 2.5万円
  • 定率負担(事業費の1割)
  • 食費、光熱水費5.8万円

[負担]

  • 平均的な世帯における一人当たりの平均的な支出約7.9万円
  • 補足給付

※ 18歳未満の場合は、2.5万円に0.9万円を加えて計算

 

医療型の障害児施設の費用構成

  • 医療費(保険給付) 障害児施設医療費の1割負担
  • 福祉サービス費 1割負担
  • 入院時食事療養費(保険給付) 標準負担額

 

 医療部分の利用者負担額、福祉部分の利用者負担額、入院時食事療養費の実費負担(1日あたり780円、650円、500円)の合計が福祉型施設と同様の負担となるよう軽減措置を実施。

 

 

このページの作成担当・お問い合わせ先

福祉課障害者福祉係 電話 0944-77-8514

お問い合わせフォーム

アクセシビリティ | 個人情報の取り扱いについて | 免責事項 | このサイトについて | リンク集 | ご意見・お問合せ | サイトマップ | 携帯サイト

ページの先頭へ

柳川市役所
柳川庁舎 〒832-8601 福岡県柳川市本町87番地1
 TEL:0944-73-8111 FAX:0944-74-1374
大和庁舎 〒839-0293 福岡県柳川市大和町鷹ノ尾120番地
 TEL:0944-76-1111FAX:0944-76-1170
三橋庁舎 〒832-8555 福岡県柳川市三橋町正行431番地
 TEL:0944-72-7111 FAX:0944-73-8405
柳川市法人番号 6000020402079

開庁時間 8時30分~17時(土日、祝日、12月29日~翌年1月3日を除く)
柳川庁舎の一部窓口業務を、第2木曜日は19時まで延長し、第4日曜日は8時30分から正午まで開庁します

窓口延長・開庁時の主な取り扱い業務
※開庁時間の各庁舎の代表電話は、柳川庁舎電話交換手が取り次ぎます
各課への直通番号 市役所への行き方
各ページの内容に関するお問合せは、ページごとに記載している問合せ先までご連絡ください。

Copyright © 2014 Yanagawa City All Rights Reserved.