yng-info_pt3.gif文字サイズ  文字サイズ小 yng-font_m.gif yng-font_l.gif

 背景色 白 黒 青
yng-header.png
ホーム
魅力・観光
くらし
健康・福祉・子育て
教育・文化
産業・仕事
防災・防犯
市制情報
総合トップ > 健康・福祉・子育てトップ > 福祉 > 高齢者福祉 > 認知症カフェを運営してみませんか
 
 
GetAdobeReaderPDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

認知症カフェを運営してみませんか

認知症になっても、住みなれた地域で安心して生活を継続できるよう、また、認知症の人の家族の介護負担を軽減するため、認知症状の悪化防止、相互交流、情報交換等を行う団体が取り組む認知症カフェ運営事業に対し、予算の範囲内で助成します。

 

認知症カフェとは

認知症高齢者やその家族、地域に住まう人達がお茶を飲みながら困りごとなどを語り合い、専門家のアドバイスも受けられる場のことです。  

もっと具体的には・・・ 

  • 認知症高齢者等が病気であることを意識せず過ごせる場所 
  • 認知症高齢者等にとって自分の役割があると思える場所 
  • 認知症高齢者等及び介護者家族等が社会とつながることができる場所
  • 認知症高齢者等及び介護者家族等が、他者に自分の弱みを知ってもらえ、かつ、それを受け入れてもらえると意識できる場所
  • 認知症高齢者等及び介護者家族等並びに地域住民が参加し、交流できる場所
  • 認知症高齢者等及び介護者家族等並びに地域住民が認知症の進行を遅らせ、又は予防するプログラムに参加でき、交流できる場所
  • 認知症高齢者等及び介護者家族等が、自らの都合に合わせて参加できる場所
補助対象者

次の要件の全て満たす認知症カフェを柳川市内で運営する団体が補助対象者となります。 

(1)柳川市民を利用対象者としていること。
(2)年間を通して、月1回以上実施し、1回当たりの実施時間が2時間以上であること。
(3)専門職(医師、保健師、看護師、精神保健福祉士、社会福祉士、介護支援専門員、介護福祉士等をいう。)による相談機能を有していること。
(4)利用料金が無料であること。ただし、飲食費、材料費その他の実費については、利用者の負担とすることができる。

(5)政治活動、宗教活動又は利用者に対する営業活動を行わないこと。
(6)飲食の提供等に当たり法令等を遵守していること。
(7)団体の構成員が、暴力団員等(柳川市暴力団等追放推進条例(平成21年柳川市条例第3号)第2条第4号に規定する暴力団員及び同条第5号に規定する暴力団関係者をいう。)に該当しないこと。
(8)公序良俗に反する活動を行わないこと。

 

<補足>(3)の専門職について、カフェを運営する者全員が専門職の資格を有する必要はありません。

※例)専門職有資格者2名+ボランティアスタッフ2名 でも可能です。 

 

補助金の額

補助金の額は、予算の範囲内で次のとおりです。
(1) 運営費補助金

事業に要する補助対象経費の合計額から収入金額を控除した額とし、1補助対象者につき1年度当たり12万円を限度として、予算の範囲内で定める額。ただし、補助対象者が年度の中途から事業を実施した場合は、事業実施月数に1万円を乗じて得た額を上限とします。
(2) 初期費用補助金

新規に認知症カフェを開設するための初期経費として必要な額。ただし、3万円を上限とします。

 

対象となる経費一覧(98KB; PDFファイル)


(参考)交付対象とならない経費

  • 特定の個人が所有し、又は占有する物品の購入に要する経費
  • 交付対象団体の構成員による会合の飲食費
  • その他市長が適当でないと認める経費
申請の方法

募集期間内に柳川市認知症カフェ運営補助金交付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて、柳川市役所柳川庁舎1階福祉課高齢者福祉係へご提出ください。 

(1)柳川市認知症カフェ年間事業計画書(様式第2号)
(2)柳川市認知症カフェ収支予算書(様式第3号)
(3)専門職を証明するものの写し
(4)会場を借り上げて運営する場合、借上契約書の写し、若しくは会場使用許可証の写し
(5)団体の寄付行為・定款・規約又はこれらに準ずるもの
(6)その他市長が必要と認める書類 

 

※(5)は該当する場合のみ提出してください。

※(6)は必要と思われる場合、別途指示して提出をお願いすることがあります。 

 

募集受付期間

平成30年7月31日(火曜日)から平成30年9月10日(月曜日)午後5時まで。(土曜日、日曜日は除きます。) 

 

募集数及び募集校区

募集数  6か所

募集校区 東宮永小・昭代第一小の2小学校区を除く17小学校区 

※原則、小学校校区に1か所とし、未設置小学校区を優先とします。

 ただし、小学校区の高齢者数が市内小学校校区の平均高齢者数を大幅に超える(1.5倍以上)校区については、次の要件を満たせば同一校区に最大2か所設置できるものとします。 

 (1)同校区に設置してある認知症カフェの開催日と別日(可能であれば別週)であること。 

 

 決定までの流れ

申請書を受け付けたのちに認知症カフェ審査委員会にて決定可否を審査します。

審査後、申請者へ通知をいたします。 

申請書の交付

柳川庁舎福祉課高齢者福祉係にて交付いたします。(※提出先も同じです。) 

また、下記よりダウンロードも可能です。 

 【申請関係】

柳川市認知症カフェ運営補助金交付申請書(様式第1号)(139KB; PDFファイル)

柳川市認知症カフェ年間事業計画書(様式第2号)(77KB; PDFファイル)

柳川市認知症カフェ収支予算書(様式第3号)(57KB; PDFファイル)

概算払請求書(様式第6号)(137KB; PDFファイル)

 

【実績報告関係】 

事業実施状況報告書(様式第8号)(134KB; PDFファイル)

柳川市認知症カフェ事業実績報告書(様式第9号)(142KB; PDFファイル)
柳川市認知症カフェ収支決算書内訳(様式第10号)(57KB; PDFファイル)
柳川市認知症カフェ対象経費決算額調書(様式第11号)(76KB; PDFファイル) 

 

要綱

参考

  柳川市内の認知症カフェ (新しいウィンドウで開きます)

このページの作成担当・お問い合わせ先

福祉課高齢者福祉係 電話 0944-77-8516

お問い合わせフォーム

アクセシビリティ | 個人情報の取り扱いについて | 免責事項 | このサイトについて | リンク集 | ご意見・お問合せ | サイトマップ | 携帯サイト

ページの先頭へ

柳川市役所
柳川庁舎 〒832-8601 福岡県柳川市本町87番地1
 TEL:0944-73-8111 FAX:0944-74-1374
大和庁舎 〒839-0293 福岡県柳川市大和町鷹ノ尾120番地
 TEL:0944-76-1111FAX:0944-76-1170
三橋庁舎 〒832-8555 福岡県柳川市三橋町正行431番地
 TEL:0944-72-7111 FAX:0944-73-8405
柳川市法人番号 6000020402079

開庁時間 8時30分~17時(土日、祝日、12月29日~翌年1月3日を除く)
柳川庁舎の一部窓口業務を、第2木曜日は19時まで延長し、第4日曜日は8時30分から正午まで開庁します

窓口延長・開庁時の主な取り扱い業務
※開庁時間の各庁舎の代表電話は、柳川庁舎電話交換手が取り次ぎます
各課への直通番号 市役所への行き方
各ページの内容に関するお問合せは、ページごとに記載している問合せ先までご連絡ください。

Copyright © 2014 Yanagawa City All Rights Reserved.