GetAdobeReaderPDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

有明の幸

更新日:2017年10月19日

伝統の漁法を体験しながら、有明の幸に舌づつみ

有明の幸豊饒の海・有明海で獲れる魚介類は、どれも珍しいものばかり。ムツゴロウ、クツゾコ、メカジャなど、有明の旬の珍味が郷土料理で味わえます。

 これらを加工した貝柱や海茸の粕漬、ワラスボの干物などは柳川ならではの特産品です。干満差が激しく、多くの河川が流れ込むため、日本一の海苔漁場ともなっています。

 

海苔

海苔 のり養殖は有明海を代表する漁業で、養殖作業は冬の有明海の風物詩です。人工採苗法の実用化で急成長し、今や全国一の産地になっています。漁場は有明海の湾奥にあって、海水の豊富な栄養と適度に薄まった塩分濃度、日本一の干満差を利用した支柱式養殖で作られる有明のりは、柔らかくてうまいため、最高級品とされます。

 

タイラギ

タイラギ タイラギは三角形の形をした二枚貝です。有明海では主に水深10m位の海底で、ヘルメット式潜水器によって漁獲されています。貝柱はとても美味で、刺身、バター焼き、塩焼き、寿司だね、粕漬けなどで食べます。外套膜(ヒモ、ビラ)も刺身、酢のものにしてご賞味ください。

 

ワラスボ

 ワラスボは日本では有明海にのみ生息する珍しい魚です。河口部の泥の中に巣穴を掘って生活しているため、目は退化して小さな点状になっています。ワラスボ掻きで引っかけてとります。みそ汁や干物が美味です。

 

 

 

ミドリシャミセンガイ(方言 メカジャ)

ミドリシャミセンガイ 貝と言っても貝の仲間ではなく、2枚の薄い緑色の殻に包まれ、1本の長い足が延びており、腕足類という仲間です。新生代から形も変えずに生き続けている世界最古の生きた化石です。世界でも有明海ほど多く生息している所は少ないといわれています。みそ汁、煮物などにして食べます。

 

ウミタケ

ウミタケ 水深5m前後の軟泥域に深い穴を掘って生息する殻の軟らかい二枚貝です。このため黒褐色をした水管が大きく長くのびています。ウミタケねじりという十字型の長い棒を回転させて、この水管にからませてとります。刺身、干物、粕漬けの他に酢味噌なとで食べます。

 

イシワケイソギンチャク(方言ワケ、ワケノシンノス)

イシワケイソギンチャク 干潟の砂地にもぐっているので、ワケ掘りという柄のついた鉾状のもので起こしてとられています。方言の由来は、「若い者の尻のす(穴)」に似ているからともいわれています。煮つけ、味噌汁の具、味噌煮などで食べます。しこしこと歯ごたえがよく、その珍味が喜ばれます。

 

 

関連リンク 

 

このページの作成担当・お問い合わせ先

水産振興課水産振興係 電話 0944-77-8752

お問い合わせフォーム

アクセシビリティ | 個人情報の取り扱いについて | 免責事項 | このサイトについて | リンク集 | ご意見・お問合せ | サイトマップ | 携帯サイト

ページの先頭へ

柳川市役所
柳川庁舎 〒832-8601 福岡県柳川市本町87番地1
 TEL:0944-73-8111 FAX:0944-74-1374
大和庁舎 〒839-0293 福岡県柳川市大和町鷹ノ尾120番地
 TEL:0944-76-1111FAX:0944-76-1170
三橋庁舎 〒832-8555 福岡県柳川市三橋町正行431番地
 TEL:0944-72-7111 FAX:0944-73-8405
柳川市法人番号 6000020402079

開庁時間 8時30分~17時(土日、祝日、12月29日~翌年1月3日を除く)
柳川庁舎の一部窓口業務を、第2木曜日は19時まで延長し、第4日曜日は8時30分から正午まで開庁します

窓口延長・開庁時の主な取り扱い業務
※開庁時間の各庁舎の代表電話は、柳川庁舎電話交換手が取り次ぎます
各課への直通番号 市役所への行き方
各ページの内容に関するお問合せは、ページごとに記載している問合せ先までご連絡ください。

Copyright © 2014 Yanagawa City All Rights Reserved.