GetAdobeReaderPDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

柳川藩と水の歴史を辿るサイクリング

更新日:2016年12月06日

サイクリングモデルコース 7時間コース

 

カメラ ベストショット  車 車  自転車 自転車  トイレ トイレ   観光案内所

観光案内所   

凡例

 

【午前コース】

 

御花 9:00
自転車カメラ
松濤園(国指定名勝)
松濤園(国指定名勝)

立花家の庭で、日本三景の一つである松島を形どって造られました。豊富な水と山石、海石、古雅な数百株の翠松を配しています。冬には野鴨の群れが水に浮かび、絶景です。

 

柳川城址
カメラ
柳川城址
柳川城址

現在、天守閣はありませんが、永禄時代から三百余年、天下に誇る水の城でした。

 

水の資料館
カメラ
水の資料館

柳川の自然や水の文化、暮らしなどについて展示した資料館です。柳川の風土を学び、将来の町づくりを考えるためにつくられました。

 

城堀水門
カメラ
城堀水門

柳川城内に入る唯一の水門です。外敵の侵入を防ぐための造られたものですが現在は川下りコースの出発点として、当時の雰囲気を味わうことができます。

 

鋤崎土居
鋤崎土居

鋤崎土居は、柳川城の惣外堀に沿って築かれた城郭防衛の最前線ラインで、元来は高い土盛りがされた文字通り「土居」でした。江戸時代には、柳川古文書館のある辺りで柳川藩士たちが馬の訓練を行っていたそうです。現在では堀に並行する道路と家並みの面の「段差」にわずかな痕跡を残しています。

 

三柱神社
三柱神社

初代藩主立花宗茂公とその夫人、岳父戸次道雪公の三柱を祀る宮です。日光東照宮の陽明門を模した楼門、安芸の厳島を模した廻廊などは名工の手によるもの。平成17年6月3日に消失し、現在同神社では修復のための寄付を募っています。

 

磯鳥堰
磯鳥堰

元禄年間(1688~1703)に作られたといわれる堰で、海水と淡水が混じる場所です。有明海の干満の差(月の引力)を感じてください。

 


二ツ川水門
二ツ川水門

戦国時代の終わりから柳川藩成立の頃築造されたといわれ、ここから人工的に作られた二ッ川へと水が流れ、掘割を通って城下町水郷柳川を潤します。

 

立花いこいの森
トイレ
立花いこいの森

ここは以前、立花家の農事試験場があったところで、当時の地形や樹木の植生を生かして整備されました。バーベキュー広場や、芝生広場(ピクニック広場)があり、公園に隣接する熊野神社には、県の天然記念物に指定されている中山の大フジがあります。春の大藤まつりでは、多くの人でにぎわいます。

 

松原堰(折り返し点)
トイレ
松原堰(折り返し点)

戦国時代の終わりから柳川藩成立の頃築造されたといわれ、ここから人工的に作られた二ッ川へと水が流れ、掘割を通って城下町水郷柳川を潤します。

 

元の道を帰る
12:00 沖端で昼食・休憩
【午後コース プラン1】
沖端 13:00
三明橋
沖端漁港 13:30
カメラ
沖端漁港(干潮時)
沖端漁港(干潮時)

有明海に臨む漁港です。賑やかな雰囲気の中で、豊かな海産物を味わうことができます。

 

沖端川河口
くもで網
カメラ
くもで網

網を広げたまま水中に降ろして、あげると魚が取れるという「くもで漁法」の網を見ることができます。

 

ひまわり園
カメラ
ひまわり園

夏には50万本のひまわりが開花し、その光景は圧巻です。

 

むつごろうランド
トイレ
むつごろうランド

柳川市学童農園「むつごろうランド」にはキャンプ場などが併設され、大人も子供も楽しめるようになっています。

 

柳川温泉 (自転車に乗った後は温泉でリフレッシュ) 15:00~16:00
カメラ
柳川温泉

温泉でも有名な柳川。昭和40年に発掘された含重曹食塩泉の良質の温泉です。水の郷の南風(はえんかぜ)で日ごろの疲れを癒します。

 

【午後コース プラン2】
沖端 13:00
沖端漁港 13:30
カメラ
沖端漁港(干潮時)
沖端漁港(干潮時)

有明海に臨む漁港です。賑やかな雰囲気の中で、豊かな海産物を味わうことができます。

 

市立図書館 昭代分館
トイレ
ドラゴンフルーツ(7月~12月)
慶長本土居(約400年前の海岸堤防跡)
カメラ
沖端漁港(干潮時)
沖端漁港(干潮時)

約400年前、有明海沿岸に造られた海岸堤防跡です。32kmにも及び、領内整備に力を入れていたことが窺える史跡です。

 

梅の木街道
カメラ
梅の木街道
柳川温泉 (自転車に乗った後は温泉でリフレッシュ) 15:00~16:00
柳川温泉

温泉でも有名な柳川。昭和40年に発掘された含重曹食塩泉の良質の温泉です。水の郷の南風(はえんかぜ)で日ごろの疲れを癒します。

 

このページの作成担当・お問い合わせ先

観光課観光推進係 電話 0944-77-8563

お問い合わせフォーム

アクセシビリティ | 個人情報の取り扱いについて | 免責事項 | このサイトについて | リンク集 | ご意見・お問合せ | サイトマップ | 携帯サイト

ページの先頭へ

柳川市役所
柳川庁舎 〒832-8601 福岡県柳川市本町87番地1
 TEL:0944-73-8111 FAX:0944-74-1374
大和庁舎 〒839-0293 福岡県柳川市大和町鷹ノ尾120番地
 TEL:0944-76-1111FAX:0944-76-1170
三橋庁舎 〒832-8555 福岡県柳川市三橋町正行431番地
 TEL:0944-72-7111 FAX:0944-73-8405
柳川市法人番号 6000020402079

開庁時間 8時30分~17時(土日、祝日、12月29日~翌年1月3日を除く)
柳川庁舎の一部窓口業務を、第2木曜日は19時まで延長し、第4日曜日は8時30分から正午まで開庁します

窓口延長・開庁時の主な取り扱い業務
※開庁時間の各庁舎の代表電話は、柳川庁舎電話交換手が取り次ぎます
各課への直通番号 市役所への行き方
各ページの内容に関するお問合せは、ページごとに記載している問合せ先までご連絡ください。

Copyright © 2014 Yanagawa City All Rights Reserved.