部課長の1分間スピーチとは…

柳川市役所の幹部職員たちが、行政情報や担当業務、市の魅力などを語るコーナーです。更新は週1回の予定。肩の力を抜いてお楽しみください。

avatar

8月は農地パトロール月間
2017年08月03日 19時04分

isikawa.JPG 

皆さん、こんにちは。
柳川市農業委員会事務局長の石川時宗です。


柳川地方では、6月に田植えした水稲が見る見るうちに分けつし、現在水田一面に緑が広がっています。

しかしながら、この度の九州北部豪雨で朝倉市を中心とした地方では、田畑の流出や農業用施設の倒壊など、農業分野でも甚大な被害がありました。

5年前の柳川での水害が思い起こされます。

また、台風シーズンを控え、今後の自然災害がないように祈るばかりです。

 

 

今日は、市農業委員会(新開延孝会長)について紹介します。
農業委員会は「農業委員会等に関する法律」に基づいて設置された行政委員会であると共に、農業・農業者の利益を代表する機関です。

農業委員会の業務は農業委員による合議体として、農地の権利移動についての許認可や農地の利用状況調査(農地パトロール)、遊休農地の解消に向けた措置などの農地行政を遂行する法令に基づく業務があります。

 

そこで、8月は、遊休農地などの解消に向けた取り組みを行う「農地パトロール月間」です。

37名の農業委員の皆さんが地区ごとの班に分かれ、市内の農地について、利用状況調査(農地パトロール)を実施します。

調査後、調査結果表を作成し、必要があれば今後の意向調査を行い、遊休農地などの解消の指導を行っています。
農業者の高齢化や後継者問題などで、すぐに解決に結びつかない場合も多々ありますが、農業委員の皆さんの尽力により、確実に解消に向かう場合も少なくありません。
今後も、遊休農地などの解消に向けた取り組みを推進していきますので、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。


 

suidenn.jpg

勢いよく成長する水稲 

 

 

 

来週の部課長ブログは、消防本部総務課長です。

Copyright © 2014 Yanagawa City All Rights Reserved.