部課長の1分間スピーチとは…

柳川市役所の幹部職員たちが、行政情報や担当業務、市の魅力などを語るコーナーです。更新は週1回の予定。肩の力を抜いてお楽しみください。

avatar

平成24年の九州北部豪雨から5年
2017年07月26日 13時27分

maltutori.jpg 

皆さん、こんにちは。建設課長の待鳥哲です。

最初に、この度の九州北部豪雨災害により被災された皆様に心からお見舞い申し上げますとともに、犠牲になられた方々やご遺族の皆様にお悔やみ申し上げます。

 

さて、市では、平成24年7月の九州北部豪雨により矢部川の六合地区と沖端川の中山地区の2か所の河川堤防が決壊し、市内の3分の1が冠水するなど甚大な被害を受けました。
市民の皆様の生命・財産を守るために国や県は、矢部川と沖端川の豪雨災害箇所を激甚災害対策緊急特別事業の採択を受け、おおむね5年間の緊急的な集中投資により河川堤防の補強、川の水をスムーズに流すための河道の掘削や大門橋、出の橋の架替えなどの工事を行い、今年度末には完了する見込みとなりました。
国や県の皆様には、心より感謝申し上げます。

 

daimonn_new.jpgidenohasi_new.JPG

架け替えられた大門橋(左)と出の橋(右)

 

isodori.jpgokinohatagawa.JPG

 沖端川の河道掘削前(左)と掘削(後)

 

 

また、平成24年7月九州北部豪雨災害から今年で5年を迎える今、災害の記憶を伝え、いつ発生するか分からない豪雨に備えるために防災意識啓発を目的として、7月10日~28日にかけて市役所3庁舎のロビー持ち回りで、被害状況やその対応をパネル展示しています(7月10日~14日は大和庁舎、18日~21日は柳川庁舎、24日~28日は三橋庁舎)。

 

paneru.JPG

市役所ロビーでのパネル展示

 

最後になりますが、7月6日の記録的集中豪雨により、平成24年7月の九州北部豪雨を大きく上回る甚大な被害を受けられた福岡・大分両県の皆様には一日でも早い復旧・復興を願うばかりです。

みんなで応援していきますので、災害復旧・復興に向けて頑張っていきましょう。

 

来週の部課長ブログは、農業委員会事務局長です。

Copyright © 2014 Yanagawa City All Rights Reserved.